For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

センサベース着陸誘導システム

ESG社により現在開発中のセンサシステムは、視界不良の状況でもヘリコプタが安全に着陸できるように誘導します。写真 © ESG Elektroniksystem- und Logistik-GmbH.

視界不良の状況でも安全なヘリコプタの着陸が可能
 
未舗装の地面に着陸するヘリコプタは、土煙や砂塵を巻き上げたり(ブラウンアウト)、雪煙を巻き上げたり(ホワイトアウト)することで、パイロットの視界が著しく妨げられることがあります。極端な場合には、パイロットは着陸をいったん中止して、再度アプローチをやり直す必要があります。このことは、特に救助や避難作業などのように急を要する場合に貴重な時間を浪費してしまいます。このためESG社は、センサベース着陸誘導システム(SeLa) を開発しています。このシステムは、砂塵を通過するレーダーセンサを使用して、ヘリコプタの地面からの位置を表示し、パイロットが視界不良でも安全に着陸できるように誘導します。
 
dSPACEシミュレータおよびMicroAutoBoxによるテスト
エンジニアリングおよび認定試験に要求される仕様を満たすSeLaのアルゴリズムを実装するため、最初の段階でdSPACEシミュレータを使用しました。SeLaは主要なコンポーネントとして、リアルタイムモデルの計算処理を行うDS1006クアッドコアプロセッサボード、各種信号の計測と生成用のDS2202 HIL I/O Board、および2個のARINC 429 Interface Boardで構成されます。テストシーケンスは、テストオートメーションツールAutomationDeskを使用して作成され自動的に実行されます。テストに成功したら、次のステップはMicroAutoBox上でアルゴリズムを実行し、フライトシミュレータのパイロットに対して、開発中の機能がヒューマンマシンインターフェース(HMI)を介して確認および最適化できるようにします。
 
近くテスト飛行の予定 
集中的な開発作業が行われ、SeLaプロジェクトは主要な開発目標を達成しました。コンソーシアムのパートナーであるEurocopter Deutschland社(設計担当)とESG社(システム開発)は、輸送ヘリコプタSikorsky CH-53 GSの搬入とテストを実施する契約を公共部門コントラクタとの間で締結しました。
 
詳細情報:
http://www.esg.de/