シミュレーションおよび検証向けソリューションであるSIMPHERAがISO 26262認証を取得

新機能を迅速かつ安全に提供するための継続的な認証プロセスをパイプラインで実現 

パーダーボルン、2022年7月12日:dSPACEは、車載用安全関連システム向けのソフトウェアソリューションであるSIMPHERAに関して、TÜV SüdからISO 26262認証を取得しました。SIMPHERAは、自動運転向けの各種機能の検証の際に使用されるクラウドベースのシミュレーションおよび検証ソリューションです。世界中の自動車メーカーやサプライヤは今後、自社の全プロセスにISO 26262を適合する際にSIMPHERAについて考慮する必要がなくなります。それにより、自社の高度で複雑なプロセスチェーンの機能安全だけに注力することができます。SIMPHERAは、製品発表からわずか9カ月でテスト、検査、および認証に関する国際的な独立専門機関であるTÜV Südから認証を得ることができました。

最初の認証が順調に行われたことを受け、dSPACEとTÜV Südは、SIMPHERAなどのアジャイル手法で開発されたソフトウェア製品をISO 26262に沿って継続的に認証するための新しい手法を共同開発することに合意しました。この手法が完成すれば、自動運転機能を検証するための新しい機能が短期間で迅速かつ安全に提供されるようになります。

dSPACEの自動運転およびソフトウェアソリューション担当エクゼクティブバイスプレジデントであるTino Schulzeは、「当社は、自動運転機能向けのアプリケーションを開発するお客様に対し、自らのコアコンピテンシー(中核技術)に注力していただきたいと考えています。また、dSPACEツールを使用することで、機能安全に関する最高の業界標準に適合しているという確信を持って機能開発を行っていただきたいのです」と述べています。

dSPACEが提供するSIMPHERAという極めて拡張性が高いウェブベースのクラウドソリューションを使用すれば、演算負荷の高い自動運転機能の検証をすばやく簡単に行えるだけでなく、世界中に分散している開発チームが連携して作業したり、使用するアプリケーションをシームレスに統合したりすることができます。また、再利用可能なモデル、シナリオ、テスト、そしてインターフェースにより、SIL(Software-in-the-Loop)およびHIL(Hardware-in-the-Loop)プラットフォームで継続的にテストを実行できます。

その他の情報 お問い合わせ

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き