For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

三菱自動車工業、MicroAutoBoxIIを搭載したEVレースマシン「MiEV EvolutionII」で参戦

~dSPACEスポンサー参画「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」~
三菱自動車工業、MicroAutoBoxIIを搭載した
EVレースマシン「MiEV EvolutionII」で参戦

パーダーボルン、2013年6月5日:三菱自動車工業は、2013年6月に米国コロラド州で開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」2013年大会に、dSPACE が提供するラピッドプロトタイピング(RCP)システム「MicroAutoBoxII」を搭載したEVレースマシン「MiEV EvolutionII」で参戦します。

 
dSPACE Japanは、三菱自動車工業のスポンサー企業として2013年に参画し、「MicroAutoBoxII」の提供を通じてEVレースマシンのテクニカルな面で協賛しています。
「MicroAutoBoxⅡ」は、4つのモーターおよびブレーキを統合制御するECUとして「MiEV EvolutionⅡ」に搭載されています。「MicroAutoBoxⅡ」は、多数のセンサーやECUからの情報をもとに車両の走行状態や駆動用バッテリーの状態を推定し、4つのモーターと各ブレーキを最適に制御することで、「MiEV EvolutionⅡ」の安全かつ安定した高速走行を実現しています。
 
同社の開発本部 EV要素研究部長の百瀬 信夫氏は、「「MicroAutoBoxⅡ」は、「MiEV EvolutionⅡ」のような先行車両の開発にとって、必要不可欠のツールです。今回は、モデルベースの制御設計とシミュレーションのおかげで非常に短期間の開発が達成できており、制御関係の実車確認に至っては、車両完成から実質1週間ほどで終えることができた程でした。」とコメントし、dSPACEの制御システムツールの実績を評価しています。
 
dSPACE Japanの有馬仁志代表取締役社長は、「dSPACEのモデルベース開発ツールであるRCPシステムやHILシミュレータを三菱自動車のiMEVの開発や、最新のアウトランダーの開発に効率向上と品質評価で評価をいただいてまいりました。この度のパイクスピークス車両「MiEV EvolutionII」にMicroAutoBoxIIを車両制御用に搭載していただくことになり、大変光栄でございます。このレースの経験をもとに、さらなるEVの開発と発展を願っております。」と述べています。
 

来る6月7日(金)に東京コンファレンスセンター・品川で開催されるdSPACE Japan User Conference 2013では、特別講演としてドライバーの増岡浩氏に「EVによるパイクスピークヒルクライムレースへの挑戦」と題し、レース前の意気込みを語って頂きます。 

お問い合わせ