For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACE TargetLink 4.0 – 高品質なマトリックスコードのサポートにより、将来の技術革新に対応

パーダーボルン、2015130日:dSPACEの量産コード生成ツールTargetLink®バージョン4.0では、マトリックス計算のサポートというきわめて重要なアップデートを行いました。TargetLink®では、自動車の先進運転支援システム(ADAS)などの高度に複雑な用途にも対応できる状態空間表現を使用した制御アルゴリズムを効率的にモデリングできます。すでに広く認知され、確立されているTargetLinkを使用することで、マトリックス計算が必要なこれらの複雑な制御アルゴリズムを高品質な量産Cコードに効率的に変換することができます。自動生成されたコードは既存のソフトウエアに容易に統合できます。TargetLinkではダイナミックルックアップテーブルもサポートしているため、アダプティブコントローラのモデリングも容易に行えます。TargetLink 4.0では、Cコード構造の容易な指定やサブシステムの自動生成といった新しい機能も含まれています。これらの機能により、制御エンジニアや組込みソフトウエア開発エンジニアは、単調な手作業での設計や反復作業を省略し、モデリング時のミスを防止しつつ、インターフェースの一貫性を確保できます。TargetLink Data Dictionary Managerのビューのカスタマイズやインスタントヘルプといった使いやすい機能も搭載されており、TargetLinkはエンジニアにとってより透過的かつ効率的で信頼性の高い利用しやすいツールになっています。
 
TÜV SÜD社により認定されたTargetLink® 4.0
TargetLinkは、IEC 61508およびISO 26262に準拠した安全関連プロジェクトの開発ツールとして、TÜV SÜD社から認証を取得しています。
 
TargetLinkについて
TargetLinkは、Simulink/Stateflowモデルから効率性の高いCコードを直接生成するdSPACEの量産コード生成ツールです。TargetLinkは、効率的なモジュール型の開発環境を提供するよう設計されており、ISO 26262およびIEC 61508準拠の認証を取得しています。1999年の発売開始以来、TargetLinkは世界中の数多くの量産プロジェクトで利用されています。TargetLinkの優れた品質により、さまざまな分野でセーフティクリティカルなアプリケーションの開発が可能になり、高い信頼性と開発プロセスの統合が実現します。また、AUTOSAR、ASAM MCD-2 MC(ASAP2)、MISRA、OSEKといった規格への準拠も保証されます。

お問い合わせ