For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

AutomationDesk 6.0

発表日: 2019年01月02日

新しいPythonインタープリタと拡張されたXIL APIのサポート

dSPACEテストオートメーションソフトウェアの最新バージョンであるAutomationDesk 6.0では、Pythonの現在の標準バージョンであるPython 3がサポートされており、Unicodeへの完全対応や標準機能のさらなる効率化、データ構造の複雑性の緩和などの多くの利点が提供されています。AutomationDeskでは、独自のPythonインタープリタも利用できるようになりました。これにより、自動化インターフェースのメソッドとアトリビュートをインタープリタから直接呼び出せるようになるため、アプリケーションを容易に自動化することができます。また、XIL APIサポートの拡張も行われました。AutomationDeskは、以前からサポートされていたXILサーバに加え、ASAM XIL API規格のバージョン2.1もサポートします。そのため、たとえばAutomationDeskからパラメータセットファイルを使用したり、リアルタイムテストを実行したりすることが可能です。

製品情報