For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SystemDesk 5.1

バーチャルECUにおけるAUTOSAR Adaptive Platformおよび車載Ethernetのサポート

2018年06月21日: SystemDeskの新たなバージョンでは、バーチャルECU(V-ECU)をAUTOSAR Adaptive Platformベースで生成することができます。新しいAUTOSAR規格では、高度自動運転機能向けのECUの開発や動作中のECUソフトウェアのアップデートを容易に行うことができます。SystemDesk 5.1のもう1つの新たな特徴は、作成したV-ECUにEthernetモジュールを統合できるという点です。これにより、シミュレーションプラットフォームVEOSを使用してユーザのPC上でEthernet通信をシミュレートおよびテストすることが可能です。その結果、開発プロセスの極めて早期の段階で開発エラーを検出し修正することができます。

製品情報