For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

MotionDesk 4.1

照明技術が向上

ビジュアル表示ソフトウェアであるMotionDeskのバージョン4.1では、照明効果の表示機能が向上しています。そのため、より現実的な環境表現が可能になり、夜間運転などの追加のテストシナリオを実行することができます。MotionDesk 4.1では、ヘッドライト、街灯、環境照明が使用されているかどうかに関係なく、モデル内のすべての光源に合わせて形状、色、強度を個別に調整することができます。また、シンプルな天体暦モデルに基づいて太陽を配置することもできます。これにより、ユーザは照明条件の変化をシミュレートできるようになります。環境照明およびすべての影は、選択した光源の任意の値に応じて動的に変化します。また、夜間運転のシミュレーションも容易に行えるため、アダプティブフロントライティングシステム(AFS)の開発にも役立ちます。ヘッドライトをリアルタイムでテストする場合には、異なる輝度分布を読み込むことにより、ヘッドライトのさまざまなバリアントをモデル化することができます。 

製品情報