For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Automotive Simulation Models 8.2

車線検出による自動運転および最適化された内燃エンジンシミュレーション

2016年05月19日: Automotive Simulation Models(ASM)のバージョン8.2では、環境およびセンサ定義のための新しい機能を利用できるようになり、建設現場アシスタントやレーン逸脱警報システムの現実的なシミュレーションを実行できるようになりました。これにより、車線や駐車場、その他の道路標識に必要なレーンを柔軟に作成でき、EU規制351/2012の対象となるすべての標識タイプを表示することができます。また、車線とは独立してレーンやフェンス、その他の物体を作成し、複雑な建設現場シナリオなどを作成することも可能です。

内燃エンジンシミュレーションでは、ASM InCylinderモデルの信号処理が調整されており、最新世代の電子制御ユニット(ECU)の要件を満たせるようになっています。さらに、ターボチャージャエンジン向けの完全なパラメータ設定機能も利用できるため、プロジェクト内でターボチャージャエンジンモデルをすぐに使用することができます。 

その他の情報 製品情報