For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

SystemDesk 4.2:AUTOSAR R4をベースとしたバーチャルECUの生成

2014年06月05日: dSPACE Release 2014-A以降では、SystemDesk 4.2でAUTOSAR R4をベースとしたバーチャルECU(V-ECU)の生成が可能です。生成したV-ECUは、ECUハードウエアがない場合でも、PCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOSや、HIL(Hardware-in-the-Loop)システムのSCALEXIOにより、機能テストや統合テストを実行することができます。
生成したV-ECUにはアプリケーションコンポーネントのほか、ベーシックソフトウエアコンポーネントも含まれているため、V-ECUの機能は完成したECUの機能とほぼ同じです。SystemDeskは、たとえば特殊ダイアログや自動化オプションを使用して、関連するベーシックソフトウエアコンポーネントの設定とV-ECUの生成のための総合的なサポートを提供します。    

製品情報