より効率的な開発プロセスを実現する各種の規格

関連性が高く現実的なテストシナリオは、車両およびトラフィックを有意義にシミュレートするための基盤となります。実証済みのテストシナリオをすばやくやり取りし、簡単に使用することができれば、テストプロセスの効率性と品質は高まります。標準的な形式およびインターフェースをサポートするAutomotive Simulation Models(ASM)ツールスイートのシミュレーションモデルは、このような場合に最適な設計です。

  • 自動車シミュレーションにおけるオブジェクトの動的挙動を実現するASAM OpenSCENARIO®
  • 道路網などのシミュレーションの静的コンテンツを実現するASAM OpenDRIVE®
  • 路面を詳細に記述するためのASAM OpenCRG®(Curved Regular Grid)
  • センサや運転機能とのインターフェースを規定したASAM OSI®(Open Simulation Interface)

OpenDRIVEは、長年にわたり確立されてきた重要なインターフェースです。これは、実績あるOpenDRIVEファイルのプロバイダとの緊密な連携により着実に発展してきました。また、このインターフェースはモジュール型の構造であるため、新しいバージョンの遡及サポートも容易に行えます。

シミュレートされたグラウンドトゥルース情報をセンサモデルに提供するようなシミュレーションでは、ASMがOSI準拠の道路およびオブジェクト情報をリアルタイムに出力します。また、センサモデルの入力変数をモニタリングする場合などには、dSPACE ControlDeskのレイアウトを使用して、リアルタイムにOSIデータをビジュアル表示および計測することも可能です。

dSPACEは、ASAM e.V.プロジェクトへの参加を通じて積極的にこれらの規格の未来を形成しており、今後はこれらの形式およびインターフェースを土台にしてさらに発展させる予定です。

製品情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き