For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ADASブロックセットがVEOSでの使用に対応

dSPACEは、先進運転支援システムの実車での機能開発とHIL(Hardware-in-the-Loop)テスト専用のSimulink®ブロックセットを提供します。これには、エレクトロニックホライズンデータにアクセスするためのADASIS v2 Horizon Reconstructor BlocksetとADAS RP Blockset、およびEB Assist ADTFに接続するためのADTF Blocksetが含まれます。これらのブロックセットは、dSPACEリアルタイムプラットフォームに加え、VEOSによるPCベースのシミュレーションにも対応します。これにより、エンドユーザは標準的なPCでの開ループおよび閉ループのシミュレーションを使用して早い段階で運転支援機能の妥当性を確認することが可能になります。
 
また、開発プロセスを通じて同じ制御モデル、プラントモデル、操作、ビジュアル表示、およびテストツールをシームレスに使用できます。運転支援システムをPCでシミュレーションすると、非常に高度な柔軟性が提供されるため、短期間にさまざまな運転操作やテストシナリオを実行するのに役に立ちます。その結果、初期の開発段階で機能モデルの完成度が向上するため、開発時間とコストを削減することができます。