For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

【大阪開催】日経産業新聞フォーラム
農機・建機分野における自動運転技術の
最新動向

dSPACE Japanは、昨今急速にモデルベース開発(MBD)の導入が進んでいる農機・建機分野にフォーカスしたセミナーにて、自動運転をテーマに講演いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

日 時: 2019年12月9日(月)

                12:30~17:10 (開場12:00)

場 所: グランフロント大阪 C棟カンファレンスルーム ルーム3+4
               (大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館C棟)

受講料: 無料

主 催: 日本経済新聞社

企画協力/特別協賛: dSPACE Japan

協賛: MathWorks Japan、イネーブラー、シーメンス

>>> プログラム詳細・お申し込みはこちら

プログラム
12:30~13:20 基調講演 [1]

「農業の自動化・ロボット化の現状と今後の展望」

 北海道大学大学院農学研究院 副研究院長・教授 野口 伸氏

13:20~14:00 基調講演 [2]

「農業ロボットの安全性と施策」

 一般社団法人日本農業機械化協会 専務理事 氣多 正氏

14:10~14:50 セッション [1]

「自動運転を実現する制御開発手法 モデルベース開発(MBD)とは? ~農機・建機への応用~」

 dSPACE Japan 代表取締役社長 宮野 隆

14:50~15:20 セッション [2]

「建機農機の未来が変わる ~5Gがもたらす超スマート社会~」

 MathWorks Japan システムアプリケーションエンジニア 田中 明美氏

15:30~16:00 セッション [3]

「デジタルツインとモデルベースAIの活用による無人運転技術開発の躍進」

 シーメンス TASS本部 部長 堀田 基之氏

16:30~17:10 特別講演
 調整中