For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

オンラインセミナー - Living MBD

モデルベース開発における20年の卓越性

この20年の間に、TargetLink量産コード生成ツールを使用することで、組込みシステムのモデルベース開発を効率的に行えるようになりました。TargetLinkは当初、非常に効率的な量産コードを生成することに焦点を置いていましたが、今日では妥当性確認、設計、プロセス統合、機能的安全性など、最新の効率的なソフトウェア開発のさまざまな側面にも関わるようになっています。TargetLinkは、20年にわたるモデルベース開発の経験に基づき、TargetLinkエコシステムを通じてさまざまなツールと連携することにより、これらの新しい要求すべてに対応します。

このオンラインセミナーシリーズLiving MBDでは、最新の動向、課題、および解決策を紹介し、今日のモデルベース開発の概要を説明します。

最新のモデルベース開発(1)

モデルベースのソフトウェア開発は、20年以上にわたって、効率性の高いソリューションを開発するうえでのベストプラクティスであり続けてきました。ただし、これには多くの課題が残されています。

「Living MBD」シリーズの導入となるこのオンラインセミナーでは、モデルベースのソフトウェア開発の課題を克服するための最新アプローチを取り上げています。過去、現在、将来における組込みソフトウェア開発のベストソリューションの流れを紹介するこのセミナーに参加すれば、各種の刺激的な新しいトピックを発見することができます。

量産コードのリアルワールドでの妥当性確認(2)

Webinar concluded. Click here to watch the recording.

迅速かつ効率的なモデルベース開発を実現する場合、生成された量産コードの妥当性をリアルワールドですばやく確認できると非常に有利です。このオンラインセミナーでは、TargetLink量産コードをリアルワールド上に直接展開して妥当性を確認する方法について説明します。

コードレビューの排除(3)

Webinar concluded. Click here to watch the recording.

このオンラインセミナーでは、手動で行われていたすべての検証ステップをモデルレベルにフロントローディングすることにより、コードレビューを排除する方法について説明します。

Passing the Ball - 多人数で行うMBD(4)

このオンラインセミナーでは、モジュール化されたプロセス準拠の開発ワークフローを活用することで、大規模分散型なチームにおいて効率的に連携作業を行う方法について説明します。

AUTOSAR:最新のプラグアンドプレイのアプローチ(5)

このオンラインセミナーでは、ソフトウェアアーキテクチャからクラス最高の量産コード生成まで、AUTOSAR準拠のソフトウェアを効率的に開発し、テストする方法について説明します。