For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Real Virtuality

筆者:
Oliver Maschmann (ZF), 
お客様の会社名: ZF Friedrichshafen AG, Germany
発行元: dSPACE Magazine 1/2019, Feb 2019
発行元: dSPACE Magazine 1/2019, Feb 2019

これまで運転したことのないコースにおいて、テストドライバーはどのように車両をテストすればよいでしょうか。ZFテクノロジグループでは、開発段階での車両機能のテストの際に、マップデータと車両計測に基づく仮想的なプロセスを採用しています。仮想世界を生成した後は、ASMツールスイートにより現実に即したシミュレーションが可能です。

教育機関や産業界の研究者達は、電動車両のエネルギー効率向上を目指すプロジェクトに協力して取り組んでおり、これにより、エネルギー消費の削減と走行距離の延長が可能になっています。このようなプロジェクトでは、革新的な接続性と最適化された自動化機能の実現が、成功の鍵となります。ミシガン工科大学では、V2X、隊列走行、エコルーティングなどのテクノロジについて現在徹底的に開発およびテストを行っています。この研究では、MicroAutoBoxとControlDeskが重要な役割を果たしています。



基本情報 製品情報