For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:バリアントベースの自動化および設定

タスク

HILの利用状況の最適化

多くの場合、ECUソフトウェアは異なる車両プラットフォーム、エンジン、またはギアボックスバリアントなど、複数のバリアントをサポートするように構築されています。異なる車両バリアントの数は長年にわたり着実に増加しており、それに伴って、テストを行う車両とECUの組み合わせの数も増大しています。そのため、HILテストにおけるバリアント処理を体系的にサポートし、SYNECTによって電子制御ユニット(ECU)の開発およびテスト手順を確立することが不可欠となっています。

技術的課題

  • 増加するバリアントの処理
  • 複雑かつ反復的なHILおよびソフトウェアビルドを準備するワークフローの自動化
  • さまざまな開発ツールやテストツールから流入するデータフローの管理と標準化されたプロセスの導入

ソリューション

SYNECT APIおよび汎用的なソフトウェアを使用すると、ECU適合用ツール、ECUフラッシュ用ツール、またはリアルタイムアプリケーションのダウンロードやパラメータ化用のツールなど、HILプロセスに関するすべてのエンジニアリングツールを統合することができます。

SYNECTの統合バリアント管理アプローチでは、バリアントを定義および処理するための体系化された手法が提供されます。これにより、特定のソフトウェアバリアント向けに最適なパラメータやテストといったデータを容易に取得できるようになります。SYNECTの完全に自動化されたワークフローでは、特定のバリアント向けのすべての準備手順や設定手順を実行できます。SYNECT Workflow Managementは、大手OEMメーカーやECUテストを行うさまざまな企業で使用されています。

ワークフローの自動化により、ダウンタイムを減少させることができます。

利用効果

以下のような事例向けに、既製の標準ワークフローを使用することができます。

  • dSPACE Real-Time Interface、MATLAB®/Simulink®のバリアント
  • HILシステムやHILファームの構築プロセスの管理
  • ModelDeskでのオンラインバリアント管理

以下のような事例向けに、プロジェクト固有のワークフローを使用することができます。

  • SCALEXIO/ConfigurationDeskバリアント
  • ControlDeskによるHILの制御
  • AutomationDeskへのバリアント依存データの提供