Home Run in Lab

筆者:
Taku Senoo (University of Tokyo), 
お客様の会社名: University of Tokyo, Japan
発行日: dSPACE Magazine 2/2010, Jul 2010

新しい用途を切り開く超高速ロボットへの期待が高まりつつあります。人間の処理能 力を超えて、機械システムの限界に挑む、並外れた運動性能や認識機能を追求するこ とでさまざまな応用が期待できるからです。ここでは、東京大学で2 台の野球ロボッ トを用いて行われている研究プロジェクトの概要を紹介します。



基本情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き