smartCUT: Safe Surgery

筆者:
Alexander Korff (RWTH Aachen), 
Klaus Radermacher (RWTH Aachen), 
お客様の会社名: RWTH Aachen, Germany
発行日: dSPACE Magazine 1/2014, Jan 2014

現在、脳神経外科および心臓胸郭部手術で骨組織を安全に切断するための半自動ハン ドヘルド手術用のこぎりが開発されています。外科医と「インテリジェントな機器」の連携により相乗効果が発揮されます。外科医が骨表面で切開経路に沿って機器を 誘導し、医学的見地からプロセス制御を行う一方で、コンピュータ断層撮影法(CT)、超音波、および光センサを組み合わせたdSPACE リアルタイムハードウエアにより、

切開深度は完全に自動で調整されます。



基本情報 製品情報

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き