For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:要件ベースのテスト

課題

サポートされている要件管理ツールやテストツールのリストを含む標準的な要件ベースのテストワークフロー。

近年のECU開発において、必要となる要件はますます増加する傾向にあります。また、エンドユーザはこれらの要件のどれほど多くを正しく検証できたのかを知りたがっています。さらに、安全関連規格では、要件からテストケースやテストケースの結果など、関連するすべてのテストデータの完全なトレーサビリティを確保することが要求されています。

技術的課題

  • 要件の増加を検証するための追跡可能で効率的なプロセスを確立
  • 専門テストツールで要件をテスト作業に接続
  • すべての要件がテストによって検証され、テストに合格することを保証
  • 要件変更の影響を追跡
  • 要件テストカバレッジの標準的なコンプライアンスレポートを生成(ミスが起きやすい手作業によるコピーは不使用)

ソリューション

SYNECTを使用すると、要件管理システムと、HILおよびSILプラットフォームでのテストの実行や自動化のために現在使用しているツールとの間のギャップを埋めることができます。SYNECTは、中央集中型のデータベース管理システムとして、関連するすべてのデータを一元的に保存します。これにより、グローバルチームが相互に連携し、どこからでもデータにアクセスし、ローカルのワークステーションでテストを実行できるようになります。

SYNECTは、一般的に使用されるさまざまな要件管理システムを統合し、要件からテスト結果までの完全なトレーサビリティを確保することにより、テストを要件ベースで行えるようにします。要件カバレッジ分析を使用すると、現在のテスト進捗状況をビジュアル表示できます。

SYNECTでは、以下の要件ベースの操作をサポートしています。

  • テストを導出および実装し、テストケースを管理
  • ローカルまたはリモートマシン上でテストを自動的に計画および実行
  • 要件からテストケースおよびテスト結果までの完全なトレーサビリティを実現

SYNECTでは、以下のプロセス反復がサポートされています。

  • 要件のテストカバレッジをモニタおよび解析
  • 要件が変更された場合に影響を受けるテストケースを特定

利用効果

  • 要件からテストケース、テストパラメータ、およびテスト結果までの完全なトレーサビリティ – ISO 26262への準拠を直接的にサポート
  • 幅広い要件管理ツールやテストツールの統合、およびテスト実行をSYNECTで自動制御
  • 世界中に分散したテストチームの連携