For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

A Mach 0.8, 40,000 ft. Challenge

筆者:
Matt Polley (MPC Products Corporation), 
Chris Wall (MPC Products Corporation), 
お客様の会社名: MPC Products Corp., USA
発行元: dSPACE NEWS 2008/1, Feb 2008

米国イリノイ州スコーキーに本拠を置くMPC Products Corporation社は、NASAが採用するアクチュエータ制御システムを開発しました。この制御システムは、大型の赤外線望遠鏡を収容する改造されたボーイング747の後部胴体にある大きなキャビティを覆う、キャビティドアシステム用の駆動システムを制御することを目的としています。この望遠鏡は、航空機内に搭載されるものとしては今までで最も大きく、複雑な分子、新たに形成されつつある太陽系、あるいはブラックホールなどの天体から発せられる赤外線の研究に役立ちます。MPCでは、この非常にユニークなプロジェクトのために、dSPACEのツールをいくつか使用して、制御ソフトウエアを設計しています。



基本情報