For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

自動電気自動車のミッション

e.GO Moverは汎用的な拡張や利用が可能なミニバスであり、乗客の輸送だけでなく、個人や企業の貨物運送向けに設計することも可能です。ドイツのアーヘンを拠点とする電気自動車のベンチャー企業であるe.GO Mobile AGが開発したこの電動ミニバスは、都市交通用に設計されており、完全電動化と高度な自動化を実現しています。これにより、アプリベースの都市向けモビリティソリューションの提供や、都市部における交通の簡素化が可能になっています。e.GO Moverでは、ドライバーによる手動操縦と高度な自動運転の両方をサポートしているため、都市型のモビリティコンセプトへのスムーズな統合が可能です。

合弁事業であるe.GO Mooveにおいて、開発者はdSPACEのラピッドコントロールプロトタイピングシステムであるMicroAutoBoxを使用して、推進、回生、および電動パワーステアリング(EPS)制御などの車両の各種機能や高度な自動運転向けのモーターの開発を行っています。そのため、ターゲットハードウェアをまだ入手できない早期の段階でも運転機能の開発やテストを行うことができます。

Devid Will氏、自動運転担当シニアマネージャ、e.GO Mobile AG

e.GO Mobile AGの自動運転担当シニアマネージャであるDevid Will氏は、前述のような高度な自動運転の開発をどのように行っているのでしょうか。

「当社では、e.GO Moverのプロトタイプ車両にdSPACE MicroAutoBoxを使用することにより、高度な自動運転のコア機能の開発やアクチュエータの制御を行っています。」

製品情報