For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

幹線フィルタによる干渉抑制

試験施設のセットアップは、三相のネットワークシミュレーション、非線形消費デバイス(抵抗負荷付き整流器)、アクティブ幹線フィルタ、およびdSPACEシステムで構成されており、ラップトップコンピュータ上のdSPACEの試験用ソフトウエアControlDeskから操作されます。

アクティブな幹線フィルタを使用した航空機電気システムの干渉抑制

2010年11月22日: 航空機の電子部品の数は増え続けています。個々のシステムが互いに悪影響を及ぼさないようにするために、電気システムの効果的な干渉抑制がますます重要になりつつあります。ドイツに拠点を置くLiebherr-Elektronik GmbHは、複数のデバイスに対する干渉を一度に抑制できるアクティブな幹線フィルタのプロトタイプを開発しました。これは、従来のフィルタに比べてはるかに経済的なものになっています。アクティブな幹線フィルタおよび複雑な制御アルゴリズムで必要となる高い切り替え周波数は、DS1005 PPC Boardおよび各種のI/Oボードを中心として構成されるdSPACEシステムを使用して実装されています。現在このシステムは、約50 kHzの切り替え周波数を実現しています。マルチタスクにより、dSPACEシステムのリソースを必要に応じて分配することができます。したがって、比較的重要度の低いデジタルI/Oや温度信号の計算をかなり低速で行うことができ、より重要度の高いタスクに追加のリソースを割り当てることができます。センサ信号および必要な仮想変数はすべて、dSPACEの試験用ソフトウエアであるControlDesk®を使用して観測できます。ControlDeskは、トラブルシューティングやパラメータの最適化を行うのに非常に便利なツールです。
 

基本情報