For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

車載充電器のHILテスト

充電ステーションのシミュレーション環境を使用して電気自動車の車載充電器をテスト

この使用事例では、さまざまな充電ステーションのシミュレーション環境に電気自動車給電機器(EVSE)を接続した場合の電気自動車の車載充電器の動作をシミュレートします。

多くのメーカーが、電気自動車(EV)や電気自動車給電機器(EVSE)を販売しています。ただし、充電インフラストラクチャの普及率は地域により大きく異なります。この多様性に対処するため、CHAdeMO、ISO 15118、およびGB/Tなどの複数の規格では、EVとEVSE間の通信が規定されています。そのため、世界中の電気自動車の車載充電器をテストする際には、これらをすべて考慮する必要が生じます。充電テクノロジのテストでは、dSPACEのDS5366 Smart Charging InterfaceをCAN FDを介してHILシミュレータに接続します。また、SCALEXIOラックシステムがSCALEXIO LabBox、DS6001 Processor Board、DS6101 Multi-I/O Board、DS6341 CAN Board、パワーエレクトロニクス、安全コンポーネントなど、一般的に充電ステーションに設置されているものを搭載するようカスタマイズされています。DS5366 Smart Charging Interfaceでは、ISO/IEC 15118-1/-2/-3、DIN SPEC 70121、SAE J1772、およびIEC 61851-1に準拠してEVSEの通信コントローラをシミュレートします。また、dSPACEのSmart Charging Solutionに含まれているSimulink®モデルを使用すると、タイミングやメッセージ操作を含むさまざまな充電ステーションの動作をシミュレートすることができます。電気自動車および充電ステーションのシミュレーション環境間の実際の通信は、制御パイロット(CP)を介して実行します。

適用分野

  • さまざまな充電ステーションのシミュレーション環境に接続した場合の実際の電気自動車と車載充電器の動作をテスト
  • 充電プロセスに関与するさまざまな電子制御ユニット(ECU)とパワーエレクトロニクスコンポーネントをテスト

主な利用効果

  • ISO 15118およびDIN SPEC 70121に準拠したEVSE通信コントローラのシミュレーション
  • ACおよびDC充電のサポート
  • Simulinkモデルを使用して充電ステーションの動作をシミュレート
  • USBログとEthernet生データを使用してプロトコルとステータス情報をロギング