For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ハイブリッド制御ユニットのHILシミュレーション

分散機能のテスト

ハイブリッドドライブトレインでは、強力なモーターおよび記憶装置に最新鋭のパワートレインテクノロジがさまざまな構成で搭載されています。


従来のパワートレインと比べ、ハイブリッドドライブトレインでは電動トラクションドライブや電動補器類により機能およびパッケージの面でシステムにさらなる自由度がもたらされており、制御システムの複雑さの増大と分散化(ハードウェアおよびソフトウェア)にも対応できるようになっています。


単一のECUコンポーネントのテストとは異なり、パワートレイン制御システム全体のテストでは、テスト対象デバイス間(内燃エンジン、トランスミッション、モーター、およびバッテリマネージメントなど)のさまざまな接続を考慮する必要があります。これらは、コントローラネットワーク(CAN、LIN、またはFlexRayバス)または電気および機械システムを使用して接続し、システムモデルでカバーする必要がある場合があります。


適用分野


  • ネットワーク化されたECU間のネットワーク通信テスト
  • 統合テスト
  • ECUネットワークにおける分散機能のテスト
  • 電気自動車(EV)とCHAdeMO、ISO 15118、GB/T 18487などに準拠したEV用充電器(EVSE)との間のネットワーク通信テスト

要点


  • 2台以上のSCALEXIO®シミュレータで構成されるモジュール型のネットワーク
  • SCALEXIOシステムのさらなる追加により、完全なバーチャルビークルに拡張することが可能
  • すべてのプラントコンポーネントに対応した自動車用シミュレーションモデル(ASM)
  • 現実に即した代表的なハイブリッドパワートレイン構成に対応した2つ以上の並列CAN構成の構築
  • 未入手のコンポーネントのレストバスシミュレーション
  • 既知のあらゆるハイブリッドカーおよび電気自動車のバージョン、ECU、およびCAN設定の設定
  • シミュレータ構成の分散化が可能

ネットワーク化されたSCALEXIOシステムは、シミュレーションモデルを計算するためのプロセッサユニットを少なくとも1つ備えています。大規模で、複雑なシミュレーションモデルは、リアルタイムでのシミュレーションの実行を保証するため、3つまたは7つのプロセッサコア(バージョンによる)に分散して処理されます。コアの1つは、システム内部サービス用に確保されています。必要に応じて追加のプロセッサユニットを組み込むことも可能です。モデルを部分的にコアに分散し、通信動作、シミュレーションハードウェア、およびモデル接続を設定する場合は、ConfigurationDesk®を使用します。


専用のインターフェースハードウェアにより、信号生成および計測、欠陥シミュレーション、通信接続などの機能が提供されます。また、テストシナリオでは、CAN、FlexRay、およびEthernetに対応しているほか、すべてのコンポーネントが入手できない場合のレストバスシミュレーションにも対応しています。SCALEXIOハードウェアはモジュラー方式のため柔軟性が高く、ラックを追加することでESP ECUなどの他のあらゆるECUを車両に搭載することができます。

ECUネットワーク内の分散機能のテストでは、バスとネットワークが重要な役割を担います。dSPACE SCALEXIO HILシミュレータの強みの1つが、通信ネットワークのシミュレーションです。このシステムでは、複雑なモデル、バス、およびネットワークをリアルタイムの条件下でシミュレートすることができます。通信テストでは、CAN、LIN、FlexRay、Ethernetなど、最も一般的な最新の通信規格がサポートされています。

ECUおよびECUバリアントの数が多いと、HILシミュレーションに使用するさまざまなモデルの数も多くなります。


dSPACE SYNECT®ベースのdSPACE Workflow Managementを使用すると、ECUのバージョンおよびバリアントの処理を大幅に簡素化することができます。dSPACE Workflow Managementでは、SYNECTで個別のワークフローをサポートしたり、多数のバリアントと複数のソフトウェアが相互作用する極めて複雑な大規模HILシステムを管理したりするのに必要なすべての情報を一元的かつ容易に設定することができます。