For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

MIL(Model-in-the-Loop)シミュレーションおよび仮想検証

OEMメーカーは、新たな製品開発において、市場投入期間の短縮を求められており、開発やテストのさらなる効率化に取り組んでいます。検証および妥当性確認のタスクを開発プロセスの早期の段階で実施することは、これを実現する方法の1つです。仮想検証のコンセプトでは、そのための専用ツールが用意されています。

仮想検証では基本的に、実際のハードウェアプロトタイプを使用せず、PCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOSでバーチャルECU(V-ECU)を使用します。このプラットフォームを使用すると、開発者のPC上で機能テストや統合テストを行い、プロセスの初期段階でエラーを発見および修正できるようになるため、時間と反復作業を節減することができます。

バーチャルECUの生成

V-ECUを作成するには、出発点およびプロジェクトのニーズに応じて、2つの方法を用いることができます。

  • 単一のコンポーネントのみを使用する機能およびソフトウェアの開発者は、Simulink®で適切なモデルを作成するか、またはTargetLinkから直接V-ECUを作成することができます。作成されるのは、ECUソフトウェアのアプリケーション層の特定部分だけを含む基本的なV-ECUです。この基本的なV-ECUでは、基本的な機能テストが可能です。
  • より複雑な機能のネットワークをテストするソフトウェアインテグレータは、ソフトウェアのコンポーネント、機能、または、SystemDeskのさまざまなソースから取得したAUTOSAR以外のコードを組み合わせて、V-ECUを作成できます。

ツールチェーンにVEOSを統合

VEOSでは、既存のツールチェーンに統合できるさまざまなインターフェースが提供されています。このソフトウェアは、XCPやXIL-APIといった標準インターフェースをサポートするあらゆるツールと連携させることができます。VEOSでは、計測、スティミュラスおよび適合用として自動車産業で一般的に使用される記述ファイルをサポートしています。

  • プラントモデルへのアクセスには、HILシミュレーションにも使用されるのと同じTRCファイルを使用します
  • V-ECUへのアクセスには、実際のECUに使用するのと同じ形式のA2Lファイルを使用します

さらに、VEOSを自動化することができるため、継続的な統合ツールチェーンに最適です。ツールチェーンの一部としてVEOSを使用することにより、仮想検証向けの適合および自動化ソフトウェアにHIL(Hardware-in-the-Loop)プロジェクトと同じ設定およびレイアウトを使用することができます。

リアルタイム独立シミュレーション

シミュレーションの実行中、VEOSではあらかじめ決められた処理シーケンスにより確実にシミュレーションを行います。また、シミュレーションモデルで実行時間を短縮すると、シミュレーションモデルをリアルタイムよりも高速に実行することも可能なため、テストスループットが向上します。

VEOSでは、リアルタイム非対応のシミュレーションモデルも実行可能です。Functional Mock-up Units(FMU)として提供されるモデルは、他のモデルと直接組み合わせて使用することができます。

使用事例