For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

コントローラ設計およびラピッドコントロールプロトタイピング

ラピッドコントロールプロトタイピングでの開発プロセス

モーターの需要の高まりにより、必要な制御アルゴリズムの開発、実装、および妥当性確認にはより多くの労力が必要となってきています。モデルベース設計とラピッドコントロールプロトタイピング(RCP)を併用すると、実際のECUの制御アルゴリズムの設計をすばやく反復して行うことにより、開発期間を短縮することができます。新しいコントローラ機能は、通常、MATLAB®/Simulink®/Stateflow®のモデルに基づいて開発されます。

dSPACE RCPシステムを使用すると、新しい制御アルゴリズムを具体的にモデル化することができるため、新たな制御方式の最適化やテストを実際の環境で迅速かつスムーズに行えるようになります。これにより、設計のエラーの発見や修正も瞬時に行えます。

迅速な反復作業により、自由度が最大に

dSPACEは、実車での使用(モジュール型のAutoBoxや小型のMicroAutoBox IIなど)およびラボやテストベンチでの使用(モジュール型のSCALEXIO LabBox、Expansion Box、小型のMicroLabBoxなど)に適した幅広い既製のソフトウェアおよびハードウェアコンポーネントを提供しています。RCPハードウェアは、処理能力とメモリ容量の面で実際の量産ECUよりもはるかに高性能であるため、ハードウェアによる制約を考慮する必要はほとんどありません。RCPハードウェアは、ECU機能の一部のみを調整する必要がある場合などに、ECUの代用品または既存のECUの拡張用として使用することができます。dSPACEでは、既存のECUにRCPシステムを接続するための総合的なECUインターフェースツール環境(ECU Interface Manager、DCI-GSI2など)を提供しています。

dSPACEの実装ソフトウェアであるReal-Time Interface(RTI)を使用すると、MATLAB/Simulink/Stateflowで設計したモデルをdSPACE RCPハードウェアにクリック1つで実装することができます。また、数多くのインターフェース機能を備えたグラフィカルなRTIブロックライブラリの入出力へモデルを接続することもできます。dSPACEの試験用ソフトウェアであるControlDeskを使用すると、ランタイム中に計器パネルの表示を使用して変数を監視および調整できるようになるため、制御アルゴリズムの最適化が可能です。テスト中に制御アルゴリズムの機能自体を修正する必要がある場合は、すべての要件を満たせるようになるまでSimulinkで簡単に調整を行い、再度ハードウェアに送信することができます。dSPACEのハードウェアおよびソフトウェアは完全な相互作用が保証されているため、開発環境やテスト環境をより便利に活用することができます。

使用事例