For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

コントローラの実装および量産コード生成

TargetLinkコードは可読性を犠牲にすることなく、メモリ消費量と実行速度の点で人間のプログラマが書いたコードに匹敵する効率性を誇ります。

開発および徹底的なテストを経た新しい機能は、対象となるECUに実装する必要があります。つまり、メモリや演算処理能力など、個別のECUの特性を考慮しつつ、MATLAB®/Simulink®/Stateflow®モデルから量産コードを生成することになります。

dSPACEの量産コード自動生成ツールであるTargetLinkは、効率の高いCコードをMATLAB/Simulink/Stateflowから直接生成し、充実したシミュレーションおよびテスト環境により早期の検証が可能となります。これにより、実装に必要な時間を大幅に短縮できるだけでなく、仕様と量産コードの間に秩序のある一貫性を持たせることができます。モデルレベルの変更は、直ちにコードに転送されます。

高い効率性と設定可能なコード

TargetLinkは、量産品質のコードを自動で生成できるよう特別に設計されています。その極めて効率性の高いコードには、主に2つの利点があります。

  • RAM/ROMおよびスタックメモリへの影響が低い
  • ワーストケース実行時間(WCET)が短い

TargetLinkの主な特徴

  • Simulink®/Stateflowから量産コードを直接生成
  • 非常に効率的な固定小数点および浮動小数点コード
  • 自動スケーリングを含む固定小数点の総合的なサポート
  • 強力な、ソフトウェア設計およびテスト機能
  • MIL/SIL/PILシミュレーションを使用した統合されたデータロギングとプロット表示による直接的な検証
  • モジュラー方式のコンポーネントベース開発のサポート
  • TargetLink Data Dictionaryによる効率的なデータ管理
  • 高度なネイティブAUTOSARのサポート
  • ISO 26262、IEC 61508、およびその派生規格の認証を取得
  • TargetLinkエコシステム – サードパーティプロバイダの
  • 補完ツールおよびサービスによって拡張されたモデルベース開発のための強力なツールチェーン

使用事例