For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

使用事例:SILおよびHILでの継続的インテグレーションとテスト

タスク

継続的インテグレーションと継続的テストのワークフロー。

ECUの機能が複雑化し、ECUバリアントの数が増加すると、ECUソフトウェアの妥当性確認におけるテストの数と複雑さが増大します。この課題を克服できるような効率性の高いテストプロセスを実装するには、ソフトウェア開発者とテスト担当者が緊密に連携する必要があります。そのため、ECUソフトウェアの開発環境には、インテグレーションとテストを継続的に行うアジャイル開発など、一般的なソフトウェア開発で既に確立されているプロセスが導入されつつあります。これにはSYNECTなどの、ECUテストのテスト管理と、インテリジェントなプロセスの自動化を行うツールが必要です。

技術的課題

  • リリーススケジュールのさらなる短縮化への対応
  • バリアント固有の部分やパラメータ設定を含む適切なモデルが自動ビルドに確実に使用されるようにすること
  • 新しいモデルや修正したモデルがナイトリービルドに自動的に含まれるようにすること
  • 適切なECUソフトウェアビルド、リアルタイムアプリケーション、およびテストシステムでのパラメータ設定を確保し、関連するテストをトリガすること

ソリューション

SYNECTを使用すると、個々の成果物が変更される際に、適切な一連の操作が確実に処理されるようにすることができます。また、関連するバリアントの依存関係の評価も行います。これらの操作には、モデルをチェックインした後のモデルコンテナの再ビルドや、リアルタイムアプリケーションの反復的なナイトリービルド時における該当コンテナの使用なども含まれます。また、設定管理システムのみによって提供される新しいバージョンのECUソフトウェアに対し、必ず一連の回帰テストをトリガさせることも可能です。この際には、HILシステム上のリアルタイムアプリケーションの最新のビルドとECUソフトウェアのバリアントに対応する適切なパラメータ設定が使用されます。SYNECTが提供する高度な自動化機能により、開発期間やテストサイクルが短縮され、ミスが起きやすい手作業による仕事が減少します。また、プロセスで使用されるすべての成果物に対し、完全なトレーサビリティが自動的に提供されます。

利用効果

  • 継続的インテグレーションと継続的テストを全社的なECUソフトウェアの検証および妥当性確認プロセスとして導入可能
  • 変更されたバリアントのみを検証するバリアント依存のデータ管理手法により、継続的インテグレーションをすばやく実現
  • テストシステムの準備、および夜間や週末におけるテストのスケジューリング
  • すべてのテスト担当者があらかじめ設定された使いやすいワークフローを使用できるため、ソフトウェアのバリアントやバージョンに起因するテストの複雑さを軽減