For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

商用車業界では、組込み電子機器を採用し、トラック、バス、オフハイウェイ車のさまざまな用途におけるパフォーマンスの最適化と拡張を図っています。独立系のシステムパートナーとして、dSPACEはECU開発において先駆的な活動を行ってきており、自動車業界と緊密な協力関係を築いてきました。

dSPACEは、アーキテクチャベースのシステム設計、ブロック線図ベースの機能プロトタイピングからECUの自動コード生成、HILテストに至る開発のあらゆる段階をサポートします。自動車産業のお客様にとっての利点としては、時間とコストの大幅な削減、ソフトウェアの品質の大幅な向上、メーカーとサプライヤとの間の連係の効率化が挙げられます。

エンジンおよびパワートレイン
貨物や乗客の道路輸送は、経済にとって重要な要因となります。また商用車は厳しい要求を満たす必要があります。他の輸送手段と競合しつつ、また補完し合いながら、トラックやバスは低燃費で高い信頼性を実現し、低排出ガスで長距離を走行する必要があります。これらの問題に対処するため、新しいテクノロジに期待が集まっています。ハイブリッドドライブがその一例です。dSPACEは、商用車向けのエンジンおよびパワートレイン制御システムの開発、テスト、および最適化のために必要なすべてのツールを提供します。Shift into top gear – with dSPACE tools!

例:

 

アクティブおよびパッシブセーフティ
トラックやバスを公道で運転することは、要求の厳しい、セーフティクリティカルな状況に常に直面しています。ドライバーは、常に冷静に運転する必要があり、他の道路利用者や車両、そして自分自身の安全を守るためにセーフティシステムが必要となる状況にしばしば遭遇します。このような理由から、車両を誘導し安定化させ、危険を事前に警告して、乗員や他の道路利用者を安全に保つことをアシストするプロアクティブなセーフティシステムがますます利用されるようになってきました。
そのようなセーフティシステムは、dSPACEのソフトウェアおよびハードウェアなどの高機能な開発ツールを使って開発および最適化されます。

例:

 

テストシステム/バーチャルビークルの統合
通常、トラックなどの商用車は、ソフトウェア開発プロセスを通じて、乗用車に比べ大幅に数多くのバリアントを取り扱う必要があります。複数の車軸、仕様の異なるパワートレイン、車載機器、およびカスタム要件を備えた数多くの車両構成、これらすべてを効率的に、すべてのコンポーネントが相互作用している状態でテストする必要があります。それには完全に統合され、自動化されたテストが鍵になります。

dSPACEツールは、お客様が効率的に作業し、複雑性、コストおよび開発時間の課題を解決するお手伝いをします。

例:

 

エンジンおよびパワートレイン
トラクター、刈り取り機、掘削機、ホイールローダー、ダンプトラックなどの車両は、パワフルな機器でもあり、それぞれの適用分野に完全に最適化されています。他の車両の場合と同じく、エンジンとパワートレインは低燃費で信頼性が高く、低排出ガスであることが求められています。しかも、これらの機械は、一般道路とは違い耕作地や炭鉱、建設現場などの特殊な環境で運転するための追加機能も必要となります。
dSPACEツールは、お客様のエンジンおよびパワートレインに必要となる先進技術開発をお手伝いします。

例:

 

アクティブおよびパッシブセーフティ
オフハイウェイ車両の性能が高度であればあるほど、それらを使っての作業には危険を伴います。そのため、車両自体や環境、そしてドライバーに対して考えられる最大の保護機能が要求されます。「hill holders」や自動緊急ブレーキのような電子制御式セーフティシステムがそのような保護機能を提供します。
そのようなセーフティシステムは、dSPACEのソフトウェアおよびハードウェアなどの高機能な開発ツールを使って最適化できます。

例:

 

特殊な作業に対応した特殊な装置
商用車は、多くの場合、それぞれの適用分野で他の追随を許さない特殊な機能を備えています。重量物を持ち上げ、深い穴を掘り、畑を耕し、作物を刈り取り、人を救出し、大火事を消し止める。車両によってはスイスアーミーナイフのような多機能装置を備えたものもあります。通常、そのような装置には電子制御システムが使用されています。このような分野でdSPACEツールが役立ち、お客様が開発やテスト、最適化を行うためのお手伝いをします。

例:

 

製品 説明
シングルボード型ハードウェア
  • 1枚のコントローラボードで完全なリアルタイム制御システムを実現
  • Real-Time Interface(RTI)を利用してSimulink®でプログラミング可能
プロセッサボード
  • モデルを計算するためのdSPACEリアルタイムシステムのハードウェアコア
  • Real-Time Interface(RTI)を利用してSimulink®でプログラミング可能
  • マルチプロセッサシステムを構築するために追加プロセッサボードと組み合わせ可能
I/Oボード
  • モジュール型ハードウェア用のI/Oボード
  • I/Oボードの任意の組み合わせを使用できるシステム構成
  • Real-Time Interface(RTI)を利用してSimulink®でプログラミング可能
AutoBox/Tandem-AutoBox
  • 車載用の拡張ボックス
  • スケーラブルな処理能力
  • 最高13枚のボードを取り付け可能(Tandem-AutoBox)
MicroAutoBox II
  • dSPACEの堅牢かつ小型の第2世代スタンドアロンプロトタイピングシステム
  • プログラミング可能なFPGAとEmbedded PCを統合可能
RapidPro
  • dSPACEプロトタイピングシステム用にシグナルコンディショニングとパワーステージを提供
  • dSPACEプロトタイピングシステム用のインテリジェントI/Oサブシステム
dSPACEシミュレータ
  • お客様の要件に合わせて標準部品を設定できる非常に柔軟でオープンなハードウェアコンセプト
  • モデルを計算するためのシングルプロセッサまたはマルチプロセッサシステム
  • 拡張性の高いdSPACE I/Oボード
  • シグナルコンディショニング、負荷シミュレーション、および電気的欠陥シミュレーション
  • さまざまな構成やサイズを用意
SCALEXIO®
  • HILシミュレーションの技術革新
  • さまざまなテスト作業に使用できるシームレスなハードウェアおよびソフトウェアアーキテクチャ チャンネルおよびシステムの高度な柔軟性
  • すべての機能をソフトウェアにより設定可能
  • 既存のシステムへの接続

製品 説明
SystemDesk
  • 複雑なシステムアーキテクチャの開発
  • AUTOSARシステムに対応したグラフィカルモデリングのサポート
Real-Time Interface
  • dSPACEハードウェア上でのMATLAB®/Simulink®/Stateflow®モデルの自動実装
  • 包括的なSimulinkブロックライブラリを経由したGUIによる入出力の構成
ConfigurationDesk®
  • SCALEXIO®の設定および実装ソフトウェア
  • RapidPro用設定ソフトウェア
VEOS®
  • PCベースのオフラインシミュレーション用プラットフォーム
ControlDesk®
  • 汎用的なモジュール型の試験および計測ソフトウェア
AutomationDesk
  • テストシーケンスの便利な自動化
  • テストの自動化により常時(24/7)実行可能
MotionDesk
  • リアルタイムにシミュレーションされるシステムの3次元オンラインアニメーション
  • 直感的でグラフィカルなシーン設計
  • 3Dオブジェクトライブラリ
  • 複数のアニメーションを同期再生するためのマルチトラックモード
  • スローモーションおよび高速モーション
ModelDesk
  • 自動車用シミュレーションモデル(ASM)の直感的なパラメータ設定とパラメータセット管理のためのグラフィカルユーザインターフェース(GUI)
TargetLink®
  • Simulink®/Stateflow®から直接Cコードを自動生成
  • コーディング時間と開発期間の大幅な短縮
  • AUTOSARサポート
自動車用シミュレーションモデル
  • 車両開発用のリアルタイムモデル(オープンなMATLAB®/Simulink®モデル)
ECUインターフェースソフトウェア
  • 計測、適合、および診断作業用のソフトウェア
SYNECT®
  • モデルベース開発およびECUテストに対応したデータ管理
  • 統合されたバリアント管理
  • エンジニアリングツールとの接続
  • 要件、モデル、パラメータ、およびテストケース間のトレーサビリティ
  • 既存のITインフラストラクチャおよびワークフローの統合を実現するためのオープンなAPI
  • 小規模なローカルチームからグローバルに分散したチームまで拡張可能

関連項目