For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

Capable Co-Drivers

Published: dSPACE Magazine 3/2010, Dec 2010

インテリジェントな車の実現に向けたdSPACE の取り組み

インテリジェントな運転支援システムは、自動車業界の最大の課題となっています。dSPACE がこのトレンドをリードしている理由と、その方法について、プロダクトマネージャであるAndré Rolfsmeier に聞きました。

なぜ先進運転支援システムがこれほど注目を集めているのかお聞かせください。

欧州では、毎年交通事故による多数の死亡者が出ています。これらの事故うちの90% 以上は人為的なミスが原因です。運転支援システムは、この数字を劇的に減少させる可能性を秘めています。運転支援システムは、地球温暖化、人口動態および交通密度の増大など、その他の課題の解決にも役立ちます。

その開発では、どのようなインテリジェントシステムが先駆的な役割を担っているのですか?

先進運転支援システムは、ブレーキやハンドル操作などの運転操作に、より自律的に介入します。将来の何より大きな目標は、歩行者、自転車、他の車両 との衝突などの事故を回避することにあります。具体的には、緊急ブレーキの支援、交差点での支援、追い越し支援および緊急ハンドル操作支援の開発が進めら れています。その他、予測データおよび他の車両や交通インフラとの通信ネットワークを使った燃費削減などの開発分野が注目されています。運転支援システム は、たとえば、前方の道路の地勢を評価することで、現代的なドライブコンセプトのエネルギーおよび燃料マネージメントを最適化します。また、当社のお客様 では、ドライバーの注意力を監視し、ドライバーが急病などに襲われた場合には車両を安全に停止し助けを呼ぶシステムの開発も行われています。

このようなシステムの機能開発および試験には、どのような要件が求められるのでしょうか?

未来の運転支援システムでは、ビデオセンサが主要なコンポーネントになると考えられます。ビデオセンサの統合と、ビデオデータと他のセンサからのデータの融合を実現することは、現在のラピッドコントロールプロトタイピングシステムに新たな未来の運転支援システムでは、ビデオセンサが主要なコンポーネントになると考えられます。ビデオセンサの統合と、ビデオデータと他のセンサからのデータの融合を実現することは、現在のラピッドコントロールプロトタイピングシステムに新たな実行できる機能が要求されます。実際の道路に基づくシミュレーションとテストシナリオの自動生成という2 つの課題は、現在ますます重要性が増しています。

dSPACE はこのような課題をどのように解決していますか?

ここ数年間、dSPACE のシステムを使用した運転支援システムの開発と試験が成功しています。当社は、お客様のこれまでのプロジェクトから経験を得て、その経験を製品開発にフィードバックしています。このようなノウハウが投入された新製品を間もなく発表する予定です。また、当社は異なる分野を結びつける戦略やソリューションを推進するため、積極的にパートナーシップを結んでいます。

新たな知識は、たとえばラピッドプロトタ イピングシステムなどの製品の拡張にどの ように反映されるのですか?

ビデオベースのシステムの開発では、主にPC アーキテクチャ上でC/C++ を使って実装される画像処理と、ラピッドプロトタイピングシステム上でMATLAB®/Simulink® を使って実装される運転支援機能とで基本的に区別されます。当社がこれまで行ってきたのは、たとえばNAVTEQ社のADAS RP やEB Assist ADTF などの開発ツールを結合するため、強力なEthernet インターフェースと専用ブロックセットを提供することを通じて、さまざまな組込みソリューションとdSPACEシステム間の接続を確立することです。当社のAutoBox およびMicroAutoBox システムは、運転支援機能の迅速な反復開発に非常に重要な役割を果たしています。

HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションの現状についてもお聞かせ願えますか?

dSPACE シミュレータは、仮想テストドライブを実行するため、対応するシミュレーション環境に接続するためEB AssistADTF へのインターフェースも提供しています。さらに、電子制御ユニット(ECU)に直接組み込まれたセンサをエミュレートするSPI のようなさまざまなインターフェースを利用できます。当社の自動車用シミュレーションモデル(ASM)は、アダプティブクルーズコントロール、ブレーキアシスタンス、予測型運転制御など、さまざまな運転支援アプリケーションのシミュレーションをすでにサポートしています。ASMは、車両、センサ、道路および周囲の交通をモデル化するオープンなSimulink モデルです。ASMは、たとえば実際の道路でシミュレーションを実行するためにADAS RP と組み合わせて使用することができます。ここで魅力的なのは、PC での初期のコンセプト開発でもモデルを使用できるため、アルゴリズムをMIL(Model-in-the-Loop)またはSIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションでテストできることです。これにより当社のお客様は、革新的な運転支援機能をより短期間で開発し、HIL(Hardware-inthe-Loop)シミュレーションを使って量
産に向けた成熟度を検証する上で、多大なメリットを得られます。

他にもdSPACE のお客様が期待できる技術革新があれば教えてください。

今後、dSPACE は仮想テストドライブに おける複雑な交通シナリオのシミュレー ションおよび可視化に力を入れてゆく予 定です。この過程で、dSPACE はASM、 ModelDesk およびMotionDesk の各 ツールのさらなる開発を進めていきます。 EB Assist ADTF のHIL リアルタイム環境 への接続をより容易なものとするため、当 社のロードマップには、クアッドコア DS1006 Processor Board の1 つのコ アへのGigaBit Ethernet および包括的 なプロトコルスタックの実装が盛り込まれ ています。さらに、当社は統合された組込 みPCプラットフォームをMicroAutoBox II に追加する予定で、これによりデジタルマップ、 EB Assist ADTF、およびCar2x ソフトウエアのフレームワークを直接 MicroAutoBox に実装できるようになり ます。予測型道路データ送信に対応した ADASIS V2 規格のサポートも予定してい ます。 このように、dSPACE ツールのユーザはす でに未来のクルマに一歩近づいていると言 うことができます。それは、dSPACE が常 に先進的な考えを持っているからです。

「 ビデオセンサの統合は、すでに確立された開発ツールに新たな課題を生み出しています」

André Rolfsmeier, dSPACE GmbH