For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

着陸時のブレーキング

筆者:
Nicolas Gazel (Hispano-Suiza), 
Nicolas Huttin (Hispano-Suiza), 
Régis Meuret (Hispano-Suiza), 
Antonio Prata (Hispano-Suiza), 
お客様の会社名: Hispano-Suiza, France
発行元: dSPACE NEWS 2007/1, Feb 2007

飛行機に乗っているときに、エンジンを注意深く観察していれば、逆噴射の効果を目にすることができます。飛行機のタイヤが滑走路に接地すると、直ちにエンジンカウルのベントが開き、エンジンに吸い込まれた空気の一部が機体を減速させる方向に噴射されます。エアバスA380に搭載されたETRAS®システムの開発にあたり、SAFRANグループのHispano-Suiza社はdSPACEプロトタイピングシステムを使用しました。ETRAS®は完全な電動システムで、油圧または空気式コンポーネントは一切使われていません。この種のシステムが、旅客機に採用されるのは初めてです。



基本情報