For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

dSPACEは、組込み制御ソフトウェア向けの包括的な統合開発環境を提供しています。dSPACEシステムは、開発プロセス全体を通じて利用することも、個別の開発フェーズでのみ利用することもでき、開発プロセスにおける時間を短縮しコストの削減を実現します。dSPACEシステムは、確立された開発プロセスを持つ製品、特に電子制御ユニット(ECU)の開発に適用される開発環境をサポートします。また、各開発工程を連携させて新しいより高度な要求に適応する手法も提供します。絶え間ない技術革新、重要なテクノロジと標準の使用、および専用のサービスとサポートにより、dSPACEはお客様が長期にわたり開発成果を上げることができるようお手伝いします。dSPACEシステムは、システム設計、ラピッドコントロールプロトタイピング、量産コードの自動生成、HIL(Hardware-in-the-Loop)テスト、仮想検証、およびデータ管理などさまざまな要件のタスクの実行を可能にします。dSPACE製品はMathWorks®社のMATLAB®/Simulink®/Stateflow®と連動し、モデルベース開発向けに高度に統合されたツールチェーンを提供します。

自動車業界の主な課題は、ますます厳格化する環境法令や安全性の要件、さらにスマートモビリティへの要求に対応することです。自動車メーカーおよびサプライヤは、エネルギー効率やデジタルネットワーキングの問題に、また、無事故運転の展望にも、計り知れない革新の可能性を見い出しています。各種調査では、交通事故の大部分が人為的なミスによって発生していることが明らかになっています。


これらの課題に対する答えは、ドライバーの日常的な運転操作を支援し、走行安全性を大幅に強化するアクティブセーフティシステムや運転支援システムによってもたらされます。


欧州ではEuro NCAPの基準と同等以上に厳しい規制が必須になっているため、今後はさまざまな車種で、より多くのアクティブセーフティシステムや運転支援システムが、自動車メーカーによって装備される見込みです。

環境への懸念が高まる中で、今後の車両コンセプトは内燃エンジンの代替となる発電システムに移行してゆく必要があります。Electric Driveは限りある資源に依存せず再生可能エネルギーを利用した電力で走行し、さらには排気ガスも発生しないため、理想的なソリューションと言えます。車両の電気化が進展するのに伴い、開発環境はフェールセーフモードおよびリンプモードに焦点を移しており、これによって電動ドライブトレインの動作範囲や効率性の増大、充電時間の低減、および保管施設および充電設備の向上が実現しています。

電気自動車のバッテリは、充電ステーションで再充電されます。充電ステーションは通常、複合的な充電インフラストラクチャの一部です。近年の開発では、電気自動車と充電ステーションの相互通信によってエネルギー交換プロセスの最適化と充電時間の予約ができるようになっており、こうしたコンセプトは「スマート充電」と呼ばれています。

Electromobility

dSPACE offers complete solutions for developing and testing ECUs for electromobility applications.

電力業界

dSPACEは、コントローラの設計およびラピッドコントロールプロトタイピングからコントローラの実装およびテストまで、電力業界の用途に適したECUの開発およびテストを総合的にサポートしています。

Electric Driveテクノロジ

dSPACEは、コントローラの設計およびラピッドコントロールプロトタイピングからコントローラの実装およびテストまで、エネルギー貯蔵システム、パワーエレクトロニクス、およびElectric Drive用ECUの開発およびテストに対応する幅広いシステムを提供しています。

その他の情報 製品情報 成功事例