For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

1000 MW in the Test Lab

筆者:
Martin Bennauer (Siemens AG), 
Achim Degenhardt (Siemens AG), 
Rüdiger Kutzner (Hochschule Hannover), 
Patrick Müller (Siemens AG), 
Christoph Schindler (Siemens AG), 
Andree Wenzel (Hochschule Hannover), 
お客様の会社名: Siemens AG, Germany
Hochschule Hannover, Germany
発行元: dSPACE Magazine 1/2012, Jun 2012

発電用蒸気タービン用の最新のデジタル制御システムは、非常に複雑な制御機能を
持っています。試運転中にタービン制御機能のテストを実施することは、非常に多く
の時間とコストがかかります。したがって、プロジェクトの早い段階でテストラボに
おいてシミュレータを使用することが有効なソリューションとなります。また、シ
ミュレータには、プラントにリスクを与えずに危機的な状況をテストでき、早い段階
で標準化されたテストを行うことによって不良を検出し修正することができるとい
う利点があります。これは、 高い品質基準を確実に達成するための重要な要素です。



製品情報