For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

上空での強度テスト

筆者:
Lars Bensch (Airbus), 
Michael Enzinger (Airbus), 
Jürgen Jusseit (DMecS – Development of Mechatronic Systems), 
お客様の会社名: Airbus, Germany
DMecS - Development of Mechatronic Systems, Germany
発行元: dSPACE NEWS 2007/3, Sep 2007

飛行中の航空機の構造には、飛行運動や突風が原因で負荷がかかります。激しい突風は、構造的な負荷が大きくなる可能性があるため、損傷が疑われる場合には、機体を着陸させ、必ず検査を実施しなければなりません。飛行中の構造的な負荷を監視するために、Airbus GermanyとDMecS GmbHでは、「オブザーバ」 ‒ 航空機の並列モデル ‒ を開発しました。これはdSPACEの機器を使用して、A340に搭載してテストされました。



基本情報