For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

エアバスA380 での空力負荷シミュレーション製品情報

筆者:
Torsten Finke (IgH), 
Richard Hacker (IgH), 
お客様の会社名: Ingenieurgemeinschaft IgH, Germany
発行元: dSPACE NEWS 2006/1, Feb 2006

スラットとフラップを使用することにより、商用航空機の翼に作用する揚力を必要に応じて増大させることができます。これにより、飛行機は非常に低速で飛行できるようになり、離陸と着陸が特に容易になります。世界最大の旅客機であるエアバスA380 は、特に複雑なスラットとフラップのシステムを持っています。この「高揚力」システムのためにエアバス社のテストベンチでは、DS1005 PPC ボードで構成されるマルチプロセッサシステムが使用されています。



基本情報