航空宇宙産業は現在、より環境に優しく持続可能で安全な輸送を目指して未曾有の変革に直面しています。航空機の電化や電動またはハイブリッド推進機構、市街地航空モビリティ、無人航空機システム、自動フライトなどの既存の価値基準を根底から覆す革新的な技術およびコンセプトは、航空機製造市場における既存の、および新しいプレーヤーの両方にとって新たな機会を提供しています。効率的な燃料およびエネルギー消費、騒音の低減、航続距離の延長、経済効率性などは、この業界が克服する必要がある課題のごく一部に過ぎません。

このような状況で、航空機システムにインストールされているソフトウェアは、サイズと複雑性が著しく増加しています(たとえば、アビオニクスやキャビンにおいて)。さらに、航空機およびシステムメーカーはDO-160、DO-178C、DO-254、およびARP4754などの規格によって規定される各種の厳格な規制要件に適合する必要があります。その結果、各アイテム、システム、および航空機レベルでの設計、実装や検証および妥当性確認は、ますます困難になっています。このため、これらのタスクへの効率的なアプローチが競争力を維持するために不可欠になります。

dSPACEのハードウェアおよびソフトウェアは、これらの課題を克服するために必要なツールを航空宇宙エンジニアに与えます。dSPACEツールは、電子制御システムの開発プロセス全体で極めて重要な役割を果たし、エンジニアが未来の航空輸送のビジョンを現実化することを支援します。

さらに、dSPACEのテストシステムでは、実際の航空機部品と相互作用する複数のシステムをリアルタイムでシミュレートする必要がある高度な使用事例にも対応しています。クローズドループ環境は、組込みソフトウェアおよび統合されたシステムに対して効果的な検証プラットフォームとなります。このアプローチでは、効率的かつ自動化された統合テストを24時間連続で実行することができます。また、オープンかつ拡張可能なアーキテクチャであるため、アプリケーションに応じて大小さまざまな構成に対応でき、そのため、さまざまなテストシナリオに合わせて調整可能な柔軟かつ費用対効果の高いテスト環境を実現することができます。

dSPACEシステムは、航空宇宙産業の多種多様な開発作業において、複数の利点をもたらします。柔軟でスケーラブルなテスト環境は、すべての開発段階で完全に自動化されたテストに完全に適合します。代表的な使用事例は、単一システムやネットワーク化されたシステムのラピッドコントロールプロトタイピングからSIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションおよびHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションに至るまで、多岐にわたります。dSPACE製品を使用すると、シミュレーションモデルをシームレスかつ容易に統合できるようになるため、航空機コンポーネントやシステムのテストを初期の開発段階へとフロントローディングすることが可能になります。総合的なワークフローの構築やテストシステムの容易な設定が可能になり、極めて過酷な飛行シナリオでさえも地上での初期テストの安全なラボ環境で完全に再現可能になります。

製品

dSPACEシステムは、航空宇宙アプリケーションの多種多様な開発作業において、複数の利点をもたらします。

使用事例

航空宇宙産業の広範な開発作業における代表的な使用事例

  • Aerospace Solutions 製品情報, PDF, 日本語, 1589 KB
成功事例

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き