For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

航空宇宙産業では、航空機のさらなる電動化に向けた革新的なコンセプトに取り組んでおり、その中で航空宇宙システム向けソフトウェアの規模や複雑さはますます増大しています。

将来の民間航空機に対しては、燃費効率、低騒音、飛行距離、および経済的効率性などに関する要求が高まっており、多数の要件が課されています。さらに、航空宇宙産業の開発者およびメーカーは、ARP4754、DO-178、DO-260などのさまざまな厳格な規格や標準に準拠する必要があります。

これらの課題に対応するため、航空宇宙産業メーカーはさまざまな分野で画期的な開発技術を推進しています。dSPACEは、ハードウェアやソフトウェアを通じて、高度な開発環境やテストベンチの構築に必要なツールを航空宇宙エンジニアに提供しており、電子制御システムの開発プロセス全体にとって極めて重要な役割を果たしています。

さらに、dSPACEのテストシステムでは、実際の航空機部品と相互作用する複数のシステムをリアルタイムでシミュレートする必要がある高度な使用事例にも対応しています。クローズドループ環境は、組込みソフトウェアおよび統合されたシステムに対して効果的な検証プラットフォームとなります。このアプローチでは、効率的かつ自動化された統合テストを24時間連続で実行することができます。また、この環境はオープンかつ拡張可能なアーキテクチャであるため、アプリケーションに応じて大小さまざまな構成に対応できるスケーラビリティを有しています。そのため、さまざまなテストシナリオに合わせて、柔軟かつ費用対効果の高いテスト環境を実現することができます。

dSPACE製品を使用すると、シミュレーションモデルをシームレスかつ容易に統合できるようになるため、総合的なワークフローの構築やテストシステムの容易な設定が可能になり、航空機コンポーネントやシステムのテストのフロントローディングが実現します。そのため、極めて過酷な飛行シナリオの場合でも、地上の安全なラボ環境においてシナリオを完全に再現し、早期の段階でテストすることができます。柔軟性および拡張性に優れたテスト環境により、あらゆる開発段階で考えられるほぼすべての飛行状況を完全に自動化したうえで詳細にテストすることが可能です。

ツールの概要

高度な開発環境を構築するうえで極めて重要な役割を果たす各種のツール

使用事例

航空宇宙産業の広範な開発作業における代表的な使用事例

成功事例