For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ISO 26262のサポート

シャシーの統合管理システムやアクティブフロントステアリングシステム、ACCなどの運転支援システムに代表されるセーフティクリティカルなシステムの重要性は、現在の車両だけでなく将来の車両においてもますます増加していきます。これらのシステムの開発においては、機能安全規格に準拠するため、プロセス、手法、およびツールに関する要件が追加されてゆくことを考慮する必要があります。このような安全関連システムを開発するOEM各社が一般的に認識できる統一的なアプローチを確立するため、世界中のサプライヤおよびエンジニアリングサービスプロバイダが連携して、自動車に関する機能安全規格であるISO 26262を作成しました。

dSPACEは、ISO 26262に沿って新機能を開発およびテストするお客様へのサポートを提供しています。dSPACEでは、一連のツールチェーンだけでなく、ISO 26262に準拠した開発環境やテスト環境の管理に関するコンサルティングサービスも提供しています。

  • 第三者試験認証機関であるTÜV SÜDが、dSPACE AutomationDeskおよびTargetLinkをISO 26262に準拠した安全関連システムのテストツールまたはセーフティクリティカルな機能の開発ツールとして認定。
  • コンサルティングサービスにより、規格に準拠し、効率的に要件を満たすことが可能。
  • モデルベース開発およびコード生成の導入や改善をサポートし、セーフティクリティカルなシステムにも対応。
  • ISO-26262に準拠した妥当性確認方法の開発をサポート。
  • すべての自動車安全度水準(ASIL)に対するお客様のHIL検証環境について、適合性を評価。

dSPACEプロセスコンサルティング

dSPACEプロセスコンサルティングでは、各種のプロジェクトを通じて、お客様がdSPACEツールの使用の有無を問わず、ECU開発のすべての段階でプロセスの定義や最適化を行えるようにするためのサポートを提供しています。

ISO 26262に準拠したHILシミュレーション

dSPACEは、ISO 26262の要件に適合したHILテストシステムをセットアップするための総合的なアドバイスとサポートを提供します。さらに、AutomationDeskなどのISO-26262認定ツールを使用すると、ISO-26262に準拠したテストプロセスを作成するための手間が軽減されます。

ISO 26262に準拠した量産コード生成ツール

TargetLinkは、Simulink/Stateflowモデルから効率性の高いCコードを直接生成するdSPACEの量産コード生成ツールです。TargetLinkは、効率的なモジュール型の開発環境を提供するよう設計されており、ISO 26262およびIEC 61508準拠の認証を取得しています。TargetLinkの優れた品質により、さまざまな分野でセーフティクリティカルなアプリケーションの開発が可能になり、高い信頼性と開発プロセスの統合が実現します。また、AUTOSAR、ASAM MCD-2 MC(ASAP2)、MISRA、OSEKといった規格への準拠も保証されます。

その他の情報 製品情報