For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

FMI(Functional Mockup Interface)

FMI(Functional Mockup Interface)は、さまざまなツールベンダーが提供するプラントモデルのやり取りや統合をツールに依存せずに行うためのオープンな規格です。これにより、個別のモデリングタスクに最適なツールの利用、および異なる開発フェーズおよび部門におけるモデルの一貫した再利用を容易に行えるようになります。
dSPACEでは、Code of PLM(Product Lifecycle Management)Openness基準に準拠しており、FMIや関連する規格のさらなる開発に向けて、次のプロジェクトに積極的に参加しています。
  • Modelica Association FMIプロジェクト:ステアリング委員会メンバー
  • ProSTEP Smart Systems Engineeringプロジェクト
  • Modelica Associationプロジェクト、System Structure and Parameterization of Components for Virtual System Design
dSPACEは、これらの活動を通じて必要な知識や情報を収集し、FMIを使用するプロジェクトでお客様をサポートしています。

dSPACEツールチェーンにおけるFMIのサポート

dSPACEは、オープンな規格であるFunctional Mockup Interface(FMI)を次の製品でサポートしています。

  • PCベースのシミュレーションプラットフォーム、VEOS®
  • HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションシステム、SCALEXIO®
  • 量産コード生成ツール、TargetLink®
  • データ管理ソフトウェア、SYNECT®
dSPACEツールチェーンでは、Functional Mockup Unit(FMU)を他のFMUおよびサポートするすべてのモデル形式と共に、総合的な仮想検証およびHILプロジェクトに統合することができます。
dSPACEの信頼できるツールチェーンにより、異なる使用事例においても一貫したシミュレーションおよびパラメータへのアクセスが保証されます。dSPACEは、仮想検証やHILプロジェクトに用いるdSPACEツールチェーンのすべてで、それらの間の円滑な移行を保証します。これは、リアルタイム対応FMUだけではなく、ControlDesk®、AutomationDesk、およびXIL API規格などのツールで作成されたテストとエクスペリメントも再利用できることを意味します。これにより、仮想検証とHIL使用事例におけるFMIの再利用が可能になります。

PCベースシミュレーションプラットフォームのVEOS用FMIデモプロジェクト

このVEOSベースの仮想検証プロジェクトでは、様々なベンダーのFunctional Mockup Unit(FMU)をdSPACEのAutomotive Simulation Models(ASM)ベースのシミュレーションモデルに統合し、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションを使用して既存の規格およびツールで使用できるようにする方法が示されています。関連するSCALEXIOプロジェクトでは、dSPACEツールチェーンでプロジェクトデータを一貫して再利用できることを実証します。

TargetLinkでFMIベースモデルのエクスポートをサポート

FMI 2.0規格をサポートするTargetLinkを使用すると、複数の開発チームや組織、企業間での共同作業を容易に行えるようになります。TargetLinkモデルをFunctional Mock-up Unit(FMU)としてエクスポートすることにより、ユーザは自身の知的財産を保護しつつ、モデリング環境の異なるさまざまなモデルやSimulinkバージョンのモデルを容易に交換したり組み合わせたりすることができます。

HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータのSCALEXIO用FMIデモプロジェクト

このSCALEXIOベースのHIL(Hardware-in-the-Loop)プロジェクトでは、様々なベンダーのFunctional Mockup Unit(FMU)およびdSPACEのAutomotive Simulation Models(ASM)を統合してリアルタイム対応シミュレーションアプリケーションを生成し、実際のECUのHILテストを実行できるようにする方法が示されています。関連するVEOSプロジェクトでは、dSPACEツールチェーンでプロジェクトデータを一貫して再利用できることを実証します。

VEOSのデモンストレーション動画

その他の情報 製品情報 成功事例 サポート