ECUインターフェース処理は、ECUを解析および準備し、dSPACE RCPシステムやHILシステムなどの開発環境やテスト環境に接続するための手法とツールで構成されています。

これにより、ECUパラメータやECU変数の読み取りと書き込み、およびプログラムフローの同期化を実行することができます。

dSPACE ECUインターフェース処理を使用すると、開発やテストの一般的な課題を解決するためのさまざまなシナリオを実装できます。

次に例を示します。

  • dSPACE RCPシステムの利便性を利用して、既存の制御ユニットの拡張機能を開発(バイパス処理):dSPACE RCPシステムにECUを接続し、元のECUアルゴリズムを変更せずにdSPACEシステムでアドオン、オーバーレイ、または置換機能を開発します。dSPACE RCPシステムには、追加のセンサまたはアクチュエータハードウェアを接続できます。
  • 元のECUハードウェアで制御ロジックや機能のホワイトボックステストを実施(ファンクションテスト):dSPACE HILシステムにECUを接続し、入力値を与えて計算結果のモニタリング、ロギング、および妥当性確認を行います。
  • 仮想車両または実車によるテストドライブ中に車両環境をシミュレートまたはオーバーレイ:dSPACE HILシステムにECUを接続し、シミュレーション用にあらかじめ記録されたデータを再生するか、オーバーレイ用にECUセンサの値を計測、修正、または交換します。
  • 短いサイクルタイムや電気的ノイズの多い環境でECUインターフェース処理を実行:dSPACEオンターゲットECUインターフェース処理機能を使用すると、外部のdSPACE RCPまたはHILシステムの代わりにECUのマイクロコントローラで制御ロジックや妥当性確認コードを実行できます。
  • バーチャルECUを使用:dSPACEオンターゲットECUインターフェース処理では、V-ECUで機能を実行することもできます。
  • コンパイルしたECUアプリケーションのソフトウェア構造の調査、その挙動の変更、または再コンパイルせずに開発目的やテスト目的のための準備を実施:dSPACE ECUインターフェース処理ツールチェーンを使用すると、大多数の共通マイクロプロセッサプラットフォームのバイナリコードを解析および変更することができます。

その他の情報 動画

ニュースレターを購読します

メールマガジンの購読希望・変更/配信停止手続き