For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

実車によるテストドライブにおける時間相関性のあるデータ記録

  • センサおよび車両バスデータのタイムスタンプ付け、タグ付け、記録、および再生にRTMapsを使用
  • dSPACE MicroAutoBox Embedded SPU(センサ処理ユニット)またはEmbedded PCのスタンドアロンシステムとしての使用、またはMicroAutoBox IIへの統合をサポート
  • すべてのプラットフォーム上で同期されたクロックにより、記録データを正確に時間同期
  • 最大4つの2.5” SSDを搭載可能なMicroAutoBox Embedded DSUのSATA IIIインターフェースを介した高速データ保存
  • 別のPC上のRTMapsを介したデータロガーの容易な設定

 

自動運転にとって、360°全方位のフィールドを信頼性の高い形で検出することは重要です。これにはカメラやレーダー、LiDARなどのさまざまな環境センサが用いられます。これらのセンサを通じて常時大量のデータが生成されます。これらのデータは、将来の使用に備えてテストドライブの際に確実に保存する必要があります。MicroAutoBox Embedded SPUまたはEmbedded PCをMicroAutoBox Embedded DSUと組み合わせることにより、異種のセンサデータを高いデータスループットで時間と同期した形で高速SSDに保存できます。これらのセンサデータはその後ラボで再生することができます。