For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

実車によるテストドライブにおけるデータ記録

  • 環境センサおよび車載バスの同期処理とデータ記録
  • データプリプロセス処理とデータ融合のためのハードウェアアクセラレータを備え、拡張性に優れたシステム
  • ホットスワップ可能なAUTERA SSDにより、テストドライブ記録中のメモリ交換が容易
  • 環境認識用生データインターフェースのサポート
  • カスタマイズ可能なグラフィカルソフトウェア環境を備えたオープンなシステム

自動運転にとって、360°全方位のフィールドを信頼性の高い形で検出することは重要です。これにはカメラやレーダー、LiDARなどのさまざまな環境センサが用いられます。これらのセンサを通じて常時膨大な量のデータが生成されます。これらのデータは、将来の使用に備えてテストドライブの際に確実に保存する必要があります。AUTERA AutoBoxは、テストドライブ中に各種センサ、車載バス、およびネットワークからの大量のデータを記録および処理する場合に最適なシステムです。これらのインターフェースはすべて時間同期しているため、データが入力される場所で正確なタイムスタンプを直接記録し、適切なタイミングでデータを再生することができます。また、システムは高い計算能力だけでなく、広い帯域幅も備えています。これは、同時に記録できる高解像度センサの数を制限する要因であるため、重要な要素です。AUTERA AutoBoxでは、容易に交換およびホットスワップ可能なAUTERAソリッドステートディスク(SSD)を小型のシステムに内蔵しており、最大50 Gbit/sで連続ストリーミングを行えます。さらに広い帯域幅が必要な場合は、AUTERA AutoBoxをもう1台追加することで、簡単に拡張することができます。

動画