For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ADASおよび自動運転機能のプロトタイピングの一般的な構成

  • 実車で使用するための耐衝撃性および耐振動性を備えた拡張Embedded PC搭載MicroAutoBox II
  • RTMapsの活用により、LinuxまたはMS Windows®環境のEmbedded PCを使用して認識およびセンサ融合アルゴリズムをC/C++、OpenCV、またはPythonで開発
  • AUTOSAR規格に準拠しながらSimulink®でラピッドコントロールプロトタイピングアプリケーションおよび制御機能向けの機能を開発できるMicroAutoBox II
  • MicroAutoBox II上のSimulinkモデルおよびRTMaps間でデータをやり取りするためのRTMaps Interface Blockset

一般的に、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、自動緊急ブレーキ(AEB)、走行車線維持支援(LKA)、交差点アシスタント機能といったADASおよび自動運転向けの機能はさまざまな処理ステージで構成されています。


マルチセンサアプリケーション向けのプロトタイピングツールであるRTMapsは、LinuxまたはMS WindowsにおいてC++、OpenCV、またはPythonで認知およびセンサ融合アルゴリズムを開発する場合に、MicroAutoBox Embedded PCハードウェアプラットフォーム上で使用します。計算結果はdSPACE MicroAutoBox IIのアプリケーションおよび制御機能に転送されます。MicroAutoBox IIは、リアルタイムでの処理の実行、機能的な安全性の確認、Simulink®とAUTOSARコードの統合などを行い、さらにはブレーキECUやステアリングECUとの連携などを行うための車両ネットワークへのインターフェースとして機能します。RTMapsとMicroAutoBox II上のSimulinkモデル間のデータのやり取りは、RTMaps Interface Blocksetを通じて確立されます。

その他の情報