For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

無線アドホック通信ベースのV2Xアプリケーションの開発

  • MicroAutoBoxでのV2Xアプリケーションのラピッドプロトタイピング
  • Cohda Wireless製MK5-OBUなどの適切なハードウェアアダプタを通じてSimulinkからV2X通信にアクセスするための専用ブロックセット
  • 欧州および米国の規格に従った車両およびインフラ関連メッセージのサポート
  • ControlDeskでトラフィックおよびV2X固有の情報を解析するためのマップ計器

Vehicle-to-X(V2X)テクノロジは、IEEE 802.11p規格に準拠した無線アドホックネットワークを介して車両間および車両・インフラ間のデータ交換を可能にする技術です。ネットワーク参加者は、現在の位置、速度、および進行方向などの情報や、交通渋滞などのイベントを含むメッセージを送信します。V2Xアプリケーションの開発では、欧州のITS-G5や米国のDSRCなどのさまざまな規格に加え、CAM、DENM、BSMなどの増え続けるアプリケーションプロトコルも考慮する必要があります。これらは絶えず調整されており、さらなる開発が進められています。Simulink用のブロックセットとControlDesk用のマップ計器で構成されたV2X Solutionを使用すると、V2X通信チャンネルへ容易にアクセスできるようになるため、アプリケーションのラピッドプロトタイピングをすばやく行ったり、V2X固有のデータをグラフィカルに解析したりすることができます。このブロックセットを活用すれば、V2Xメッセージの処理、ネットワーク層およびトランスポート層へのアクセス、さらにGNSSのエンコードおよびデコードを行うためのブロックが提供されます。また、開発者は調整したアプリケーションプロトコルをインポートし、新しいメッセージタイプでブロックセットを拡張することもできます。V2Xチャンネルに接続する場合は、通信および物理層、および外部V2Xハードウェアアダプタのセキュリティ機能が使用されます。このため、原則としてEthernet(UDP/IP)経由でさまざまなタイプのハードウェアを接続できる柔軟なインターフェースを開発しました。V2X受信メッセージはLocal Dynamic Map(LDM)に保存されます。LDMは、データを中央で保存し、自動的に管理することにより、プラットフォームのリソースを節約します。これにより、V2Xコンテンツのコンテキスト単位でアプリケーションから柔軟にアクセスできるようになります。マップ計器を使用すると、LDMのコンテンツがControlDeskでグラフィカルに表示され、解析や妥当性チェックが容易になります。