For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

エレクトロニックホライズンアプリケーションのプロトタイピング

  • エレクトロニックホライズンのリコンストラクタをMicroAutoBox IIに提供するためのdSPACE ADASIS v2 HR Blockset
  • ADASIS v2プロトコルに基づいてSimulinkからエレクトロニックホライズンデータにアクセス
  • Elektrobit製の量産ECU用と同じリコンストラクタコード

マップベースの運転支援システムの開発を頻繁に繰り返し行い、実車でその効果を確認するユーザを支援するために、dSPACEは、PCベースのシミュレーションプラットフォームであるVEOSとラピッドコントロールプロトタイピングシステムであるMicroAutoBoxおよびAutoBox向けのADASIS v2 Horizon Reconstructor(HR)Blocksetを提供しています。このブロックセットは、ADASIS v2プロトコルを介して送信されるエレクトロニックホライズンのデータに、Simulink®モデル内からアクセスすることを可能にします。マウスを数回クリックするだけで、道路予測データを選択して、モデル内にある実際の運転支援機能に接続し、開発システムでアプリケーションを実装できます。ADASIS v3のサポート機能は現在開発中です。