For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

センサデータの高度な処理

  • 車両用マルチセンサアプリケーションのプロトタイピングで使用するマルチコアARM® CPUおよびNVIDIA® GPU搭載のMicroAutoBox Embedded SPU
  • カメラ、レーダー、LiDAR、GNSS測位システム、および無線通信システムなどの環境センサのためのさまざまなインターフェース
  • C/C++、Python、NVIDIA CUDA、またはOpen Computing Language(OpenCL)でのアルゴリズム開発に使用でき、標準PC上で動作するRTMaps Developer Version
  • MicroAutoBox Embedded SPU上でアルゴリズムを実行するためのRTMaps Runtime Version

 

自動運転車両や自律走行車両では、センサデータの高度な処理が不可欠です。このようなアプリケーションを開発するには、カメラ、レーダー、LiDAR、GNSSレシーバなど、さまざまなセンサから受信したデータの処理および融合、アプリケーションアルゴリズムの演算、およびさまざまなアクチュエータまたはHMIとの接続を行うことができる専用のハードウェアおよびソフトウェア環境が必要です。また、センサおよび車両ネットワークデータをテストのために記録し、時間同期して再生する必要があります。

 

 

車両において対象となるアルゴリズムのプロトタイピングを行う場合や大容量のデータを処理するには、高い演算処理能力と直感的に操作できるソフトウェア環境を備えた小型で堅牢なプロトタイピングユニットが必要となります。MicroAutoBox Embedded SPUは、このような使用事例でRTMapsと組み合わせて使用するのに特化して開発されています。