For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

ツールの概要

dSPACE製ツールは、すべての開発工程を通じて円滑に相互作用します。ソフトウェア機能や車両のモデリング、環境センサ、およびトラフィックシナリオの開発など、どのような場合でもPCクラスタ上で仮想テストドライブを実行できます。

MicroAutoBox® プロトタイピングハードウェア
  • MicroAutoBox® II – さまざまなI/Oインターフェースを搭載し、実車での使用に対応した機能安全メカニズムを備えた小型かつ堅牢なリアルタイムプロトタイピングシステム
  • MicroAutoBox Embedded PC – Intel® Core i7プロセッサとWindows®またはLinuxオペレーティングシステムを使用し、耐衝撃性および耐振動性を備えたMicroAutoBox IIの拡張機能
  • NEW:MicroAutoBox Embedded SPU1) (センサ処理ユニット) – マルチコアARM® CPUおよび組み込みNVIDIA® GPUを搭載した、センサデータの高度な処理向けのスタンドアロン型プロトタイピングシステムまたはMicroAutoBox II拡張機能
AutoBoxプロトタイピングハードウェア
  • 2 GHzのデュアルコアプロセッサにより、高度にスケーラブルな処理能力およびマルチプロセッサのサポートが実現
  • さまざまな低レイテンシのI/Oおよびバスインターフェースボード
  • 過酷な環境条件下での実車の使用を考慮した設計
VEOS® – PCベースのシミュレーションプラットフォーム
  • 標準PC上でスティミュラステストおよびクローズドループシミュレーションを実行することにより、ADASおよび自動運転機能の妥当性を確認
  • 任意の数のバーチャルECUとSimulink®モデルおよびAUTOSAR、FMI、ASAM XCP、ASAM XILインターフェース規格をサポート
  • リアルタイム以上に高速なシミュレーションをスケーラブルなPCクラスタ上で実行
dSPACE HILシミュレーションテクノロジ
  • ECUテスト向けの広範なHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータ、シミュレータ固有のハードウェアコンポーネント、および関連ソフトウェアを提供
  • カメラ、レーダー、ライダー、超音波、V2X、およびGNSS(全地球航法衛星システム)用のセンサ統合オプション
  • ADASおよび自動運転システムの完全な因果関係チェーンをラボ内でテスト
車載ネットワークおよびADAS用のSimulinkブロックセット
  • dSPACEリアルタイムプラットフォームにCAN、CAN FD、LIN、FlexRay、Ethernetを接続
  • エレクトロニックホライズン(ADASIS v2、ADAS RP/HERE)へのアクセスおよびV2Xによる無線アドホック通信
  • Intempora、EB Assist ADTF、およびSpectracom製GNSSシグナルジェネレータからRTMapsへ接続するためのインターフェース
Automotive Simulation Models、ModelDesk、およびMotionDesk
  • ビークルダイナミクス、運転操作、道路網、および交通環境用の設定ソフトウェアを含むオープンなリアルタイム対応Simulinkモデル
  • トラフィックシナリオの3Dオンラインビジュアル表示
  • カメラ用のオブジェクトリストを出力するセンサモデル、レーダーおよび超音波センサ、3Dポイントクラウドデータ、および生データにより各種カメラ(モノ、ステレオ、魚眼)をテスト
RTMaps - リアルタイムマルチセンサアプリケーション
  • x86またはARM®プラットフォーム上でWindows®およびLinuxを使用する環境において、ブロック線図ベースでマルチセンサアプリケーションを開発
  • センサ、車載ネットワーク、およびデータ処理用の総合的なコンポーネントライブラリ
  • C++、Python、およびSimulink®コードを容易に統合

1) MicroAutoBox Embedded SPU is still under development. The information provided on this page is preliminary and subject to change without notice。