For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

PCクラスタ上での高度な自動運転機能のテスト

  • 仮想テストドライブの並列実行のための多数のVEOSインスタンスおよび仮想ECUを備えたスケーラブルなPCクラスタ
  • データ管理とシミュレーションジョブおよびテストケースの実行をスケジューリングするためのSYNECT
  • リアルタイム以上に高速なテスト、および開発の早期の段階での継続的な長距離のテストを実現
  • 常に安定した再現可能なテストの実行
  • 開発時の総合的な組込みテスト

高度な自動運転機能の妥当性確認を行うには、開発期間から最終リリース時に至るまで、多数のテストを実行する必要があります。確立された方法を採用したとしても、この困難な作業はSIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションでしか実現することはできません。可能なかぎり短時間で最大限のテストスループットを実現するため、VEOSクラスタを使用した仮想検証ツールチェーンでは、実行ノードやシミュレーションを並列化することにより、高度なスケーラビリティを実現できるようにしています。テスト対象の運転シナリオは中心となるマネージャノードに投入されます。このノードは、PCまたは仮想マシンとして統合された実行ノードネットワークに個々のテストを分散させます。この場合、VEOSではテストをバッチモードで実施します。さらに、多くの場合、開発の早期段階ではECUプロトタイプは存在しないため、バーチャルECU(V-ECU)を使用します。大規模な作用連鎖テストにおいて膨大な数のV-ECUを手作業で統合することを回避するためには、現在のソフトウェアバージョンからV-ECUを完全に自動生成することができる連続的な統合手法を確立することがますます重要になっています。テストおよびデータ管理ソフトウェアSYNECTでは、クラスタを管理し、既存のテストと連続的な統合プロセスを容易に統合することができます。

その他の情報