For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

市街地および幹線道路での自動運転機能のテスト

  • VEOSを使用したPC上での自動運転機能のクローズドループテスト
  • 車両および交通環境用のオープンかつリアルタイム対応のSimulinkモデルを搭載したAutomotive Simulation Models(ASM)
  • ModelDeskにより、無数の検出可能な静止物体および移動物を含む複雑な市街地および幹線道路のシナリオを構成
  • MotionDeskにより、現実的な工事現場を含む幹線道路のシナリオなどにおける仮想テストドライブを3Dビジュアル表示
  • SYNECTによる中央データおよびワークフロー管理、テストスケジューリングおよび実行

リリーステストでは依然としてHIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレーションが不可欠です。ただし、テスト作業の大幅な増加を管理できるようになるのは、特に自動運転に関してはテストをSIL(Software-in-the-Loop)シミュレーションに移行した場合のみです。dSPACEは、SILからHILへのシームレスな移行をサポートするための十分に調整されたツールチェーンを提供します。仮想検証において、現実的なシミュレーションは基礎となります。コンポーネントは、それを実現するうえで不可欠なリアルタイム対応のASMセンサモデルです。これらのコンポーネントはシミュレーションを通じてセンサモデルと直接連動します。そのため、道路、道路沿いの開発、道路標識などのモデリングや道路利用者をより詳細に表示できるようになります。さらに、ASMのマルチエージェントシミュレーションを活用すると、多数の本格的な車両を同じ環境で自律的に走行させることができます。ModelDeskを使用すると、ナビゲーションデータから道路網を生成したり、実際の走行テストなどからシナリオ記述をすばやくインポートしたりできます。MotionDeskは現実的なビジュアル表示だけでなく、先進的な照明シミュレーションも提供しており、夕暮れや夜間の仮想運転も容易に行えます。シミュレーションモデル、テストシナリオ、パラメータなどのデータ成果物は、SYNECTで一元管理することが可能です。また、ここからテスト走行を計画および自動化することもできます。

その他の情報