For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

カメラおよびレーダーベースでのアプリケーションのリリーステストにクローズドループHILシステムを使用

  • インテリジェントなアダプティブクルーズコントロール(ACC)および自動緊急ブレーキ(AEB)システムをテストするための一般的なHIL構成
  • MotionDeskにより、3Dビジュアル表示を使用してCamera-in-the-Loopへ信号入力
  • dSPACE Automotive Simulation Models(ASM)により車両および交通をシミュレートし、レーダーセンサモデルにより検出した物体をレーダーECUに挿入
  • ModelDeskにより、仮想テストドライブをパラメータ化
  • リアルタイムHILシステムにより、レーダーセンサおよびカメラセンサによって検出された物体間の時間的な相関関係を保証

今日のADASアプリケーションはその多くが、カメラやレーダーによる信頼性の高い環境検出に基づいています。シミュレーションによって対応するECUをテストするには、HILでの適切な方法で実際のセンサをスティミュレートする必要があります。カメラボックスを使用する手法は、リリーステストの代表的な手法です。3Dシナリオを使用して、槽に入れたカメラセンサをモニタでスティミュレートします。画像は、車両および環境モデルからのデータに基づいて、グラフィックカードを搭載したPC上で生成します。これは、カメラ制御ユニットがオブジェクトを正しく認識および分類できるように、高いフレームレートや十分に細かい精度でリアルタイムで実施する必要があります。レーダーなど、その他のタイプのセンサを必要とするアプリケーションでは、制御ユニットでセンサ融合が実施されます。カメラやレーダーで検出したオブジェクトをアルゴリズムによって結合して、統一された環境モデルを形成します。両方のセンサのデータストリームが時間同期した形で制御ユニットに到達することが必要です。これはHILテスト環境では、リアルタイムシミュレーションによって行われるため、MotionDeskからのカメラのスティミュレートと、レーダー制御ユニットへのオブジェクトリストの供給を確実に時間同期させることができます。

その他の情報 製品情報