For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

GNSSベースの運転機能向けのHIL構成

  • Automotive Simulation Models(ASM)を使用したHILシステムにより、車両および交通をシミュレート
  • 専用のGNSS Simulator Interfaceブロックセットにより、Spectracom製GSG-5などの全地球航法衛星システム(GNSS)信号生成ツールを制御
  • 現在の衛星位置や地理的な場所などに応じて、最適なシグナルコンディショニングを備えた特定のGNSSシナリオを選択
  • 車両位置データを無線周波数信号として生成

エレクトロニックホライズン(eHorizon)などの多数のアプリケーションに加え、V2X通信や自動運転機能でも、車両の位置を衛星通信により検出することが必要です。衛星システムの可用性は世界各地で異なり、かつGNSS(全地球的航法衛星システム)信号の品質はビルの深い谷間や高架道路などの多数の要因に依存するため、さまざまなテストシナリオで日常的にアプリケーションを使用するための堅牢性および適合性を確保する必要があります。これはGNSS Simulator Interface Blocksetを使用すると、仮想的に実施することができます。これを行う場合には、HIL(Hardware-in-the-Loop)シミュレータにGNSSシグナルジェネレータを接続します。このブロックセットでは、あらかじめ設定されたGNSSシナリオを選択し、シグナルジェネレータを制御することができます。一般的なテストでは、まずASMモデルで車両の開始位置、日付、経路設定、および運転操作をパラメータ化します。次に、特定の衛星位置(GPS、Galileo、Glonass、BeiDouなど)や信号減衰などの目的のGNSSシナリオを選択します。テスト実行時には、HILシミュレータがシグナルジェネレータへ継続的に車両の位置データを送信し、シグナルジェネレータはGNSSシナリオに従ってこれを準備し、実際の無線周波数信号として試験対象デバイスに提供します。