For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

クローズドループHILシステムにより、画像センサ出力にデータを挿入し、カメラベースのシステムをテスト

  • Automotive Simulation Models(ASM)およびModelDeskを使用したHILシステムにより、車両および交通をリアルタイムでシミュレーション
  • MotionDeskのGPUベースカメラセンサモデルにより、レンズ、ピンクッション、たる形歪み、ビネット効果、色収差などのカメラの特殊効果を考慮に入れた画像の生データを生成。
  • dSPACE環境センサインターフェースユニットにより、画像処理ユニットに生データを挿入
  • 1つの筐体内にイメージャおよびプロセッサユニットを備えたセンサECUに特定のインターフェースやコネクタを接続するためのプラグオンデバイス(POD)(ワンボックス)

カメラボックスは、カメラベースのADASアプリケーションをテストする際に幅広く使用される手法です。ただし、センサの複雑さが増すにつれ、モニタのコントラストの制限や光学レンズによる歪みなどの問題がより顕著になっています。また、ステレオまたはマルチカメラシステムを備えた従来のHIL構成では、経済面での効率性や技術的な実現性の限界に達する場合も多くあります。カメラの画像処理ユニットに直接生の画像データを供給する手法は、極めて効果的で場所を取らない代替手段となります。生データ生成の基本はMotionDeskのGPUベースのカメラセンサモデルであり、そこではASMシミュレーションモデルのシナリオだけでなく、画像を生成する際にカメラレンズや画像センサによって生じる一般的な効果も考慮されます。次にデータストリームはHDMIを介して環境センサインターフェースユニット(ESIユニット)に転送され、そこでプリプロセス処理、すなわち、ピクセルエラーの提供や汚れ処理がリアルタイムに行われた後、最終的に画像処理ユニットの遠距離(GMSLなど)または短距離インターフェース経由でカメラへと供給されます。また、短距離接続(CSI2)の場合は、ESI-PODも使用します。この装置では、ESIユニットへの接続には光ファイバケーブルを使用し、カメラへの接続には短いデータ線を使用します。ステレオ前面、4つのサラウンドビュー、室内(ドライバー)カメラを備えたテスト構成の場合は単一のESIユニットで十分であり、これはHILの19“ラックに簡単に設置することができます。