For a better experience on dSPACE.com, enable JavaScript in your browser. Thank you!

V2XベースアプリケーションのクローズドループでのHILテスト

  • Automotive Simulation Models(ASM)を使用したリアルタイムシミュレータにより、車両および交通をシミュレート
  • V2Xハードウェアアダプタに接続したdSPACE V2X Blocksetにより、欧州および米国の無線アドホックネットワーク規格に準拠した無線チャンネルを通じて周辺の車両およびインフラストラクチャのメッセージを生成
  • 全地球航法衛星システム(GNSS)信号生成ツールに接続したdSPACE GNSS Simulator Interfaceブロックセットにより、車両位置を無線周波数信号として生成
  • ControlDeskにより、シミュレーションの制御、V2Xデータの分析、およびテストパラメータの調整を実行

シミュレーション環境が適しているのは、たとえば、Car2Car Communication Consortiumで提唱されている一般的なV2XアプリケーションをV2Xの導入段階(1日目)でテストする場合です。一般的なV2Xアプリケーションには、交差点の衝突警告、緊急車両の警告、危険な状況の警告、悪天候の警告などがあります。また、テストベンチは、沿道ユニット(RSU。スマート信号機や道路工事など)や工事現場の警告、青信号に最適化された速度忠告(GLOSA)などの関連アプリケーションに対応するプロトコルを備えており、これらとの通信が可能です。さらに、V2X無線アダプタと無線チャンネルエミュレータを追加することで、複数の車両またはRSUとの通信をテストしたり、WLANチャンネルの挙動を考慮に入れたりすることができます。

その他の情報